ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

ジャニー喜多川、くも膜下出血のため87歳で死去

8479

ジャニーズ事務所の代表取締役社長であるジャニー喜多川が、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため、本日7月9日16:47に東京都内の病院で死去した。87歳だった。

これは本日、同事務所がマスコミに向けたFAXで発表したもの。ジャニーは6月18日11:30頃に自宅で体調の異変を訴え、病院に向かおうとしたところ意識を失い緊急搬送された。搬送後、集中治療室において救命措置が行われたことにより、一般病棟に移ることができ、所属タレントやジャニーズJr.と面会することが叶った。またジャニーの容態が危険な状態に陥った際、タレントたちが声をかけたり体をさすったりすることで、一時的に容態が回復することがあったという。

ジャニーは1962年にジャニーズ事務所を創業。以降、プロデューサーや演出家としてさまざまなエンタテインメントの創出に励んできた。通夜および告別式は、家族葬の形式で所属タレントやジャニーズJr.のみで執り行われる。なおお別れ会は後日開催される予定だ。

ステージナタリーをフォロー