ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

佐藤アツヒロ、新橋演舞場での初主演作に気合「笑いと涙をお届けします」

470

「ブラック or ホワイト? あなたの上司、訴えます!」製作発表記者会見より。

「ブラック or ホワイト? あなたの上司、訴えます!」製作発表記者会見より。

佐藤アツヒロが主演する「ブラック or ホワイト? あなたの上司、訴えます!」の製作発表記者会見が、昨日7月9日に東京都内で行われた。

藤井清美が作・演出を務める本作は、とあるリフォーム会社に届いたパワハラを訴えるメールを巡る“お仕事コメディ”。本日の会見には藤井、佐藤のほか、出演者より内博貴真琴つばさ八十田勇一、斉藤優里、愛原実花羽場裕一、そして松竹の安孫子正副社長が出席した。

まず演出の藤井は本作について、「テーマはパワハラですが、働く人たちの今を生きる物語です。舞台の終わりには(気分が)スカッとするような作品にしますので、楽しい気持ちで観に来ていただければ」と観客に呼びかける。

新橋演舞場での主演が初めてだという佐藤は、「いつかこの劇場でやってみたいと思っていたので、とても楽しみ。あの花道を走ってみたいですね。あっ、ローラースケートで滑るのもいいかも!(笑)」と光GENJI時代にちなんだ冗談を飛ばしつつ、「“お仕事コメディ”ということで、しゃべって笑って、走って動いて汗をかいて、皆さんに笑いと涙をお届けします」と気合十分な様子を見せた。「コメディは瞬発力なので、テンションを上げてやっていきたい」と言葉に力を込めた内は、「僕が演じるのは(佐藤の)部下。普段の僕らとリンクしているところもあるかと思うので、もう『アツヒロ大先輩!』という感じで、後輩感を思い切り出していきたいです(笑)」と自身の役どころに触れる。

内の人柄に話が及ぶと、佐藤は「彼は人懐っこくて、わりとズカズカ入ってくるタイプ(笑)。僕は意外とズカズカ入って来てもらわないと打ち解けられないので、内と仲よくなるまでの時間はすごく短かった」と明かし、続いて内が「(佐藤のことを)普段はアツ兄と呼ばせていただいているんですけど、アツ兄が芝居に対してストイックに研究し続けている姿は、そばで見ていてすごく勉強になりますし、刺激になります」と真摯に述べると、佐藤は「……ありがとうございます」と照れ笑いを浮かべた。

「パワハラがテーマですが、今は被害者・加害者どちらにでもなりうる時代だと思います」と話す真琴は、「この座組にもジャニーズの先輩後輩、宝塚の先輩後輩がいますが……ここで生まれるものはなんだろうね(笑)?」と佐藤と内、そして宝塚歌劇団の後輩である愛原に目配せしながらニヤリと笑う。愛原は、真琴との共演に向けて「学生時代からの大ファンだったので、ご一緒させていただけることが楽しみです」と感慨深げにコメントしつつ、「コメディということで、素の部分と役の部分の演じ分けが課題。お客様のコンディションも回によって違うはずなので、臨機応変に対応できるくらいの力をつけたい」と決意を新たにした。

八十田は、「サラリーマンの方が『あるある!』『いるいる、そういう人!』となってくださるような作品」と本作を分析し、「小さな営業所の話なので、お話のスケール自体は小さいですし座組も11人と少ないですが、大きな舞台をみんなで駆け回りたい」と展望を語る。6月に乃木坂46を卒業し、今作がグループ卒業後初の舞台となる斉藤が「大先輩の皆さんのことを、お兄さん、お姉さんだと思って、一生懸命食らいつきます!」と意気込みを述べると、八十田から「お兄さんっていうよりお父さんかな(笑)」とツッコミが入る。すると斉藤は「じゃあお父さん、お姉さんだと思って……」と言い直し、会場の笑いを誘った。

「コメディが苦手」と発言し周囲を驚かせた羽場は、「つい狙って、邪念が入ってしまうんです。だから今回は、そこを削っていけたら」と抱負を口にする。また座組に初共演者が多いことに対し、「まず、みんなのことをなんて呼んだらいいのかわからない。だって、もし僕が佐藤さんのことを『アツヒロ!』って呼んだらパワハラだよね」と語ると、すかさず佐藤は「『アツヒロ』でいいです!」と笑顔を見せた。

公演は、8月21日から25日まで東京・新橋演舞場、8月31日・9月1日に愛知・御園座、5・6日に北海道・道新ホール、13日に石川・北國新聞赤羽ホール、14日に富山・南砺市井波総合文化センター メモリアホール、16日に大阪・森ノ宮ピロティホールにて。

「ブラック or ホワイト? あなたの上司、訴えます!」

2019年8月21日(水)~25日(日)
東京都 新橋演舞場

2019年8月31日(土)・9月1日(日)
愛知県 御園座

2019年9月5日(木)・6日(金)
北海道 道新ホール

2019年9月13日(金)
石川県 北國新聞赤羽ホール

2019年9月14日(土)
富山県 南砺市井波総合文化センター メモリアホール

2019年9月16日(月・祝)
大阪府 森ノ宮ピロティホール

作・演出:藤井清美
出演:佐藤アツヒロ内博貴真琴つばさ八十田勇一、斉藤優里、愛原実花、福田転球、羽場裕一 / 小林美江、佐藤銀平、上野健

ステージナタリーをフォロー