ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

小松政夫が“大生前葬”に気合い「全部を出していく舞台に」

71

「うつつ~小松政夫の大生前葬~」制作発表会見より。左から豊永伸一郎、棚橋幸代、しゅはまはるみ、小松政夫、奈良富士子、岡元あつこ、帯金ゆかり。

「うつつ~小松政夫の大生前葬~」制作発表会見より。左から豊永伸一郎、棚橋幸代、しゅはまはるみ、小松政夫、奈良富士子、岡元あつこ、帯金ゆかり。

「うつつ~小松政夫の大生前葬~」が、10月31日から11月4日まで東京の中目黒キンケロ・シアターで上演される。これに先がけ、昨日6月18日に東京・仙行寺にて制作発表会見が行われた。

本作は、小松政夫が芸能人生の集大成として上演する作品。失われた過去の記憶を求めてさまようコメディアン・小松政夫役を小松が演じる。制作発表には、小松をはじめ、キャストから奈良富士子、しゅはまはるみ岡元あつこ、棚橋幸代、帯金ゆかり、豊永伸一郎が登壇。“大生前葬”と付けられた本作のタイトルになぞらえ、小松を除く6名は喪服姿で登場した。

小松は「生前葬をやる歳になったのか……」と感慨を述べつつ、「(本物の葬儀と違って)参列してくれた方の顔がわかるのでうれしい」とコメント。また自身の“持ちギャグ”が「65個ある」と明かし、「小松政夫の引き出しを全部ぶちまけるような舞台にしたい。でも最後はホロッと泣けるような芝居を」と目標を掲げた。

小松の妻役を演じる奈良は「日本の伝説のコメディアンである小松さんから、エスプリをいただきたいと思っています」と小松に視線を送る。“記憶回復センター”の職員役を務めるしゅはまは「小松さんのお肌がツヤツヤなのに驚きました! やっぱり生前葬はまだ早い!」と、その若さを絶賛した。

同じく“記憶回復センター”の職員役の岡元は、この日初対面となった小松に対し「本物だ! 小さい頃から見ていた小松さんが本当にここにいる!」と興奮気味に述べ、「(小松の)“最後の5人の女”の1人になれてすごく幸せ!」と喜びを口にする。そして小松の娘役を演じる棚橋は、小松とは2016年の舞台「リア王」以来の共演であることに触れながら、「こういった形でまたご一緒できて本当に感激です。精一杯努めさせていただきます」と意気込んだ。

ニセの娘役を務める帯金は、小松から「稽古場で一緒に探っていこうね」と声をかけられと言い、「感激しましたし、がんばろうと発奮させられました!」と振り返る。さらに小松のマネージャー役を演じる豊永は「小松さんとの共演は初めてですが、楽しみにしております!」と心境を明かした。

最後に小松は「これから生きていくには2000万円かかるそうじゃない。私は貯金や財産なんてありませんから、2000万円稼がないといけないんです。皆さんから香典(チケット代)をたっぷりいただきたい(笑)」と笑いを誘いつつ、「小松政夫の全部を出していく舞台にしますので、どうかひとつ長ーい目で!」と制作発表を締めくくった。

「うつつ~小松政夫の大生前葬~」のチケット先行販売は7月26日まで受け付けられ、一般販売は7月27日10:00にスタートする。

「うつつ~小松政夫の大生前葬~」

2019年10月31日(木)~11月4日(月・振休)
東京都 中目黒キンケロ・シアター

作:白崎博史
演出:遲塚勝一
出演:小松政夫 / 奈良富士子、しゅはまはるみ岡元あつこ、棚橋幸代、帯金ゆかり / 豊永伸一郎、倉石ようこ

ステージナタリーをフォロー