「絢爛とか爛漫とか」安西慎太郎らが文士に扮したキービジュアル公開

185

舞台「絢爛とか爛漫とか」の新ビジュアルが公開された。

舞台「絢爛とか爛漫とか」キービジュアル

舞台「絢爛とか爛漫とか」キービジュアル

大きなサイズで見る(全3件)

“絢爛爛漫マスキングテープ”のサンプル画像。

“絢爛爛漫マスキングテープ”のサンプル画像。[拡大]

お披露目されたのは、文士に扮した安西慎太郎鈴木勝大川原一馬加治将樹が集合したキービジュアル。また本日6月9日23:59まで受け付けられる先行チケットの購入者特典となる“絢爛爛漫マスキングテープ”のサンプル画像も解禁された。

飯島早苗が作を手がけた「絢爛とか爛漫とか」は、鈴木裕美演出で1993年に自転車キンクリートSTOREにて初演された作品。劇中では昭和初頭を舞台に、若き文士たちの姿が描き出される。鈴木は上演に際して「様々な方々がこの戯曲を上演してくださったが、果たして私はどれだけ成長できているのか? 昔と同じような親密な劇場で、今の青年たちと共に、新たに戯曲を読み直していきたい」と意気込みを述べている。チケットの一般販売は6月22日10:00にスタート。

鈴木裕美コメント

絢爛とか爛漫とかの初演は1993年、今はなきシアタートップスという客席数160席程の劇場だった。26年前。
なんと、今回の出演者の安西君が生まれた年、鈴木君、川原君、加治君もほとんど赤ん坊な頃。赤ん坊が青年になる時間の中で、様々な方々がこの戯曲を上演してくださったが、果たして私はどれだけ成長できているのか? 昔と同じような親密な劇場で、今の青年たちと共に、新たに戯曲を読み直していきたい。

この記事の画像(全3件)

舞台「絢爛とか爛漫とか」

2019年8月20日(火)~9月13日(金)
東京都 DDD AOYAMA CROSS THEATER

作:飯島早苗
演出:鈴木裕美
出演:安西慎太郎鈴木勝大川原一馬加治将樹

全文を表示

関連記事

安西慎太郎のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 安西慎太郎 / 鈴木勝大 / 川原一馬 / 加治将樹 / 鈴木裕美 / 飯島早苗 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします