ほろびて版ゴドーを待ちながら「公園まであとすこし」細川洋平が見どころ解説

64

細川洋平の個人ユニット・ほろびてによる「公園まであとすこし」が、6月6日に東京・スタジオ空洞で開幕した。

ほろびて「公園まであとすこし」より。

ほろびて「公園まであとすこし」より。

大きなサイズで見る(全12件)

ほろびて「公園まであとすこし」より。

ほろびて「公園まであとすこし」より。[拡大]

「ゴドーを待ちながら」をモチーフにした本作は、公園にたどり着けていない人々のひと時を描いた作品。作中には、ベンチに腰かけ、雑談に興じながら何かを待っている2人の男、そこを通りかかったギターケースを持った男、逃げたペットを探す男が登場する。キャストにはナイロン100℃ / リボルブ方式の吉増裕士、劇団献身 / ロリータ男爵の加瀬澤拓未藤代太一、細川が名を連ねた。

上演にあたり、細川は「味のあるキャストがさまざまな感情と格闘する姿をぜひご覧ください」とコメントした。上演時間は約1時間40分で、公演は明日6月9日まで。

細川洋平コメント

役者が発する言葉によってさまざまに舞台が変化します。その基本となる舞台にはすこし未来の日本を選びました。今よりも生きにくく変わってしまった社会の中で、男たちはあえて何かを待っている。その状態を描きながら、今の社会や、人間の存在のことに思いを馳せていただけたら。また、本編にはたくさんのミームをばらまきました。そのいくつかでも受け取っていただけたらうれしいです。
そして何より、ナイロン100℃の吉増さんはじめ、味のあるキャストがさまざまな感情と格闘する姿をぜひご覧ください。

この記事の画像(全12件)

ほろびて「公園まであとすこし」

2019年6月6日(木)~9日(日)
東京都 スタジオ空洞

作・演出:細川洋平
出演:吉増裕士加瀬澤拓未藤代太一、細川洋平

全文を表示

関連記事

ほろびてのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 ほろびて / 細川洋平 / 吉増裕士 / 加瀬澤拓未 / 藤代太一 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします