ほろびて新作、“何か”を待つ男たち描く「公園まであとすこし」

68

ほろびて「公園まであとすこし」が、6月6日から9日まで東京・スタジオ空洞で上演される。

ほろびて「公園まであとすこし」の出演者。

ほろびて「公園まであとすこし」の出演者。

大きなサイズで見る(全3件)

ほろびて「公園まであとすこし」チラシ表

ほろびて「公園まであとすこし」チラシ表[拡大]

「公園まであとすこし」は、細川洋平の個人ユニット・ほろびての新作。公園までの道の途中にあるベンチで、2人の男が雑談に興じながら“何か”を待っている。そこにギターケースを持った男や、逃げたペットを探している男が通りがかり……。細川は作品について「『公園』にたどり着けていない人たちのひとときのできごとです。そういう人たちをいくつかの時間軸から、可笑しく描きたいと思います」とコメントした。

出演者には、ナイロン100℃ / リボルブ方式の吉増裕士、劇団献身 / ロリータ男爵の加瀬澤拓未藤代太一、細川が名を連ねている。なお一部公演ではアフタートークが実施され、6月7日19:30開演回は、ゲーム作家 / ライターの米光一成、9日13:00開演回は、アニメ評論家の藤津亮太が登壇する。

細川洋平コメント

何かを待っている、という状態は不在に対して思いを馳せる行為でもあります。その時間、彼らには祈りにも似た感情が生まれているような気がします。
「公園」とは”休息の場所”。どんな人でもいつかはそういう場所を求めるようになるのではないかな、というところからこの作品は着想しました。「公園」にたどり着けていない人たちのひとときのできごとです。そういう人たちをいくつかの時間軸から、可笑しく描きたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事の画像(全3件)

ほろびて「公園まであとすこし」

2019年6月6日(木)~9日(日)
東京都 スタジオ空洞

作・演出:細川洋平
出演:吉増裕士加瀬澤拓未藤代太一、細川洋平

全文を表示

関連記事

ほろびてのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 ほろびて / 細川洋平 / 吉増裕士 / 加瀬澤拓未 / 藤代太一 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします