ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

KERA CROSS「フローズン・ビーチ」に向け鈴木杏「ブルゾンさんが頼もしい」

246

KERA CROSS 第1弾「フローズン・ビーチ」製作発表より、左からケラリーノ・サンドロヴィッチ、鈴木杏、ブルゾンちえみ、朝倉あき、シルビア・グラブ、鈴木裕美。

KERA CROSS 第1弾「フローズン・ビーチ」製作発表より、左からケラリーノ・サンドロヴィッチ、鈴木杏、ブルゾンちえみ、朝倉あき、シルビア・グラブ、鈴木裕美。

「フローズン・ビーチ」の製作発表記者会見が、本日5月13日に東京・シアタークリエで実施された。

ケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下KERA)作による「フローズン・ビーチ」は、ナイロン100℃が1998年に初演し、翌99年に第43回岸田國士戯曲賞を受賞した作品。今回はKERAの戯曲をシアタークリエで連続上演するシリーズ「KERA CROSS」の第1弾として上演される。

会見にはKERA、演出の鈴木裕美のほか、出演者の鈴木杏ブルゾンちえみ朝倉あきシルビア・グラブが出席。「フローズン・ビーチ」執筆当時を振り返るKERAは、1948年のイタリア映画「自転車泥棒」を挙げながら「散文的に始まってポエティックに終わる映画ですが、自分もそういうものが書きたくて、『フローズン・ビーチ』で最後に未来のことを書きました。それ以来、散文的に始まってファンタジックに終わるのが自分のスタイルになりました。その第1作目がこの作品です」と述懐する。

KERAは、自身の戯曲をほかの演出家が手がける「KERA CROSS」については「以前は『知らない人に触られるのは嫌だ!』と思って断ることが多かったんですが……『信頼できる人なら、むしろ楽しいかも』と思える歳になったのかも(笑)」と鈴木に視線を送り、「非常に無責任な立場で、観客として楽しみたいです」と笑顔を見せた。

鈴木裕美は「『KERAさんの本はKERAさんの演出が一番!』と飲み屋でたびたび申しておりましたが……」と苦笑交じりに告白し、「私は自分の世界に台本を引き寄せるより、本の世界にお邪魔するのが好き。観客の皆さんをKERAさんの世界にうまくアテンドしたい」と意気込みを語る。多彩な顔ぶれの出演者に鈴木裕美は「剛の者というか……いろいろな意味で奇妙な取り合わせ(笑)」とコメントし、「KERAさんは下北沢のイメージがあると思いますが、今回は日比谷で、東京宝塚劇場の向かいです(笑)。とにかく面白くなりそうなので、ご期待ください」と観客にメッセージを送った。

千津役の鈴木杏は、「以前ブルゾンさんと一緒に取材を受けたのですが、頼もしかった。裕美さんから怒られそうになったら、ブルゾンさんの後ろに隠れようかなと」と微笑んで記者たちを和ませる。また鈴木杏は「もし稽古で揉めても、陰湿なことをしなさそうなチームだと思いました! 誰かを省いてグループLINEを作ったり、靴に何かを仕込んだりするのではなく、腕相撲で決めるとか……(笑)。そういう“陽”の座組だと感じています」と冗談を飛ばしながら、共演陣に信頼を寄せた。

市子役のブルゾンは今回が初舞台。初めての舞台が本作となったことにブルゾンは、「とても贅沢な環境」「生まれたての赤ちゃんに高級料理を食べさせるようなもので、『お前、ありがたみがわかるのか!?』と思います」と心境を明かす。さらにブルゾンは、出演が発表されてから作品ファンによく声をかけられたと言い、「楽しみにしてくださっている方の期待に応えたい」と抱負を述べた。

双子の姉妹・愛と萌の2役を務める朝倉は「今日は1日、皆さんと一緒に取材を受けるんだ!と思うと緊張で胸が張り裂けそうで。さっきも鈴木(裕美)さんに『顔が固いよ』と言われました……」と明かして会場の笑いを誘う。朝倉は「作品のお話を聞いて『とんでもないことになってしまった』と思っていましたが、皆さんと読み合わせをしたら一巡して本当に楽しみな気持ちになっています」と期待を語った。

咲恵役のシルビアは、KERAや鈴木裕美を含めた全員と初めて仕事をすることに触れつつ、「私はミュージカルの仕事が多いのですが、今回は歌がなくて……がんばって日本語をしゃべるぞ!と思っている」と気合十分。シルビアは共演者に「これだけバラバラな“職種”の女優が集まることはなかなかない」と視線を送り、「女性キャストばかりの作品も最近少ないですし、特に女性(観客)の皆さん! ぜひ『フローズン・ビーチ』をよろしくお願いします」と呼びかけた。

会見後に行われた囲み取材では、ブルゾンが初舞台に向け改めて胸の内を語る場面も。インタビュアーに「荷が重くないですか?」と尋ねられたブルゾンは、「そうですよ?」と即答して報道陣を笑わせ、自身の役柄に関しては「私の演じる市子さんは、“ブルゾンちえみ”のキャラクターとは全然違う。皆様が『35億』のフレーズを忘れてしまうくらいのキャラクターにできたら」と意気込んだ。

本作は、7月に神奈川・杜のホールはしもと ホールで行われるプレビュー公演を皮切りに、7月から8月にかけてシアタークリエほかで上演される。プレビュー公演および東京公演のチケットは5月18日に発売。

KERA CROSS 第1弾「フローズン・ビーチ」

2019年7月12日(金)~14日(日)※プレビュー公演
神奈川県 杜のホールはしもと ホール

2019年7月25日(木)
新潟県 長岡市立劇場 大ホール

2019年7月28日(日)
福島県 いわき芸術文化交流館 アリオス 大ホール

2019年7月31日(水)~8月11日(日・祝)
東京都 シアタークリエ

2019年8月16日(金)~18日(日)
大阪府 サンケイホールブリーゼ

2019年8月21日(水)
静岡県 静岡市清水文化会館(マリナート)

2019年8月23日(金)
愛知県 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

2019年8月28日(水)
高知県 須崎市立市民文化会館

2019年8月31日(土)
香川県 レクザムホール(香川県県民ホール)小ホール

作:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
演出:鈴木裕美
出演:鈴木杏ブルゾンちえみ朝倉あきシルビア・グラブ

ステージナタリーをフォロー