ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

映画「桃源郷ラビリンス」鳥越裕貴ら舞台版キャスト続投、監督はヨリコジュン

438

11月公開予定の映画「桃源郷ラビリンス」のキャストが発表された。

舞台版に引き続き、主人公の吉備桃太郎役を演じるのは鳥越裕貴。このほか、高橋健介杉江大志遊馬晃祐山本一慶長江崚行健人川上将大今出舞汐月しゅう中村優一仲田博喜金子昇が舞台版から続投する。監督にはヨリコ ジュン、脚本には舞台版の演出・脚本を担当する菅野臣太朗が名を連ねた。

映画「桃源郷ラビリンス」は、岡山県在住の作家・岡山ヒロミが執筆した同名小説の映画化作品。本日4月4日には、舞台版が東京・なかのZERO 大ホール開幕する。なお同映画のブロマイド付き前売り券が、舞台版の上演会場で販売される。舞台版の東京公演は、本日4月4日から7日まで行われ、4月13・14日には岡山・おかやま未来ホールで上演される。

舞台「桃源郷ラビリンス」

2019年4月4日(木)~7日(日)
東京都 なかのZERO 大ホール

2019年4月13日(土)・14日(日)
岡山県 おかやま未来ホール

原作:岡山ヒロミ
演出・脚本:菅野臣太朗
出演:鳥越裕貴高橋健介杉江大志遊馬晃祐山本一慶 / 長江崚行健人川上将大今出舞 / 汐月しゅう、氏家蓮、宮元英光、栗原大河 / 中村優一 / 仲田博喜金子昇 ほか

(c)岡山ヒロミ / 桃源郷ラビリンス (c)2019 舞台「桃源郷ラビリンス」製作委員会

ステージナタリーをフォロー