ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「桃源郷ラビリンス」優しく微笑む鳥越裕貴ら16名集結のメインビジュアル公開

390

4月に上演される舞台「桃源郷ラビリンス」のメインビジュアルが公開された。

お披露目されたビジュアルには、メインキャスト16名が集結。鳥越裕貴扮する吉備桃太郎は優しく微笑み、高橋健介扮する大和尊はスマートフォンを片手にこちらに視線を送っている。

本作は、“桃太郎が現代に転生したら”という発想のもと、岡山県在住の作家・岡山ヒロミが執筆した小説「桃源郷ラビリンス」の舞台化作品。今年2019年秋には、実写映画の公開も予定されている。演出・脚本を菅野臣太朗が手がける舞台版の公演は、4月4日から7日まで東京・なかのZERO 大ホール、13・14日に岡山・おかやま未来ホールにて行われ、チケットの一般販売は明日3月3日10:00にスタートする。

舞台「桃源郷ラビリンス」

2019年4月4日(木)~7日(日)
東京都 なかのZERO 大ホール

2019年4月13日(土)・14日(日)
岡山県 おかやま未来ホール

原作:岡山ヒロミ
演出・脚本:菅野臣太朗
出演:鳥越裕貴高橋健介杉江大志遊馬晃祐山本一慶 / 長江崚行健人川上将大今出舞 / 汐月しゅう、氏家蓮、宮元英光、栗原大河 / 中村優一 / 仲田博喜金子昇 ほか

(c)岡山ヒロミ / 桃源郷ラビリンス (c)2019 舞台「桃源郷ラビリンス」製作委員会

ステージナタリーをフォロー