ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

スパイスガーデンが描く“終わりの始まりの物語”「リバー&フェニックス」

53

劇団スパイスガーデン「リバー&フェニックス」が、4月9日から14日まで東京のOFF・OFFシアターで上演される。

劇団スパイスガーデンは、2008年に立ち上げられた団体。第11回公演となる「リバー&フェニックス」では、メンバーの松尾英太郎が脚本・演出を手がける。出演者には松尾のほか、いずれも劇団員の竹田光呂、山中雄輔飯田隆裕小西貴大山本篤士が名を連ねた。本作のチラシには「6人で紡ぐ、終わりの始まりの物語」とキーワードが記されている。

劇団スパイスガーデン 第11回公演「リバー&フェニックス」

2019年4月9日(火)~14日(日)
東京都 OFF・OFFシアター

脚本・演出:松尾英太郎
出演:竹田光呂、松尾英太郎、山中雄輔飯田隆裕小西貴大山本篤士

ステージナタリーをフォロー