“愛の不可能性”の物語、笠井賢一が「綾の鼓」「卒塔婆小町」を演出

34

「近代能楽集『綾の鼓 / 卒塔婆小町』」が、4月5日から7日まで東京・銕仙会能楽研修所で上演される。

「近代能楽集『綾の鼓 / 卒塔婆小町』」チラシ

「近代能楽集『綾の鼓 / 卒塔婆小町』」チラシ

大きなサイズで見る

昨年2018年に「葵上」と「弱法師」を手がけた劇作家・演出家・能楽プロデューサーの笠井賢一が、三島由紀夫「近代能楽集」から新たに「綾の鼓」と「卒塔婆小町」の上演に取り組む。

上演にあたり笠井は、「綾の鼓」内のセリフ「あたくしにもきこえたのに、あと一つ打ちさえすれば」と、「卒塔婆小町」内のセリフ「私を美しいといった男はみんな死んじまった」に着目。両作を「“愛の不可能性”の物語」と読み解き、演出する。

「近代能楽集『綾の鼓 / 卒塔婆小町』」

2019年4月5日(金)~7日(日)
東京都 銕仙会能楽研修所

作:三島由紀夫
演出:笠井賢一
出演:小林勝也、石橋敬子、高橋洋介寺内淳志辻村優子島本和人長本批呂士、滝沢花野、船橋真弓

※高橋洋介の「高」ははしごだかが正式表記。

全文を表示

関連記事

三島由紀夫のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 三島由紀夫 / 小林勝也 / 島本和人 / 長本批呂士 / 寺内淳志 / 辻村優子 / 高橋洋介 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします