ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

河合雪之丞と篠井英介が繰り広げる“夜の女の美しい戦い”劇団新派「夜の蝶」

211

六月花形新派公演「夜の蝶」が、6月6日から28日まで東京・三越劇場で上演される。

第1回直木賞を受賞した川口松太郎による小説「夜の蝶」は、昭和30年代に銀座で人気を二分していた、実在のクラブのママをモデルとする作品。単行本は1957年に発売され、同年には映画版が公開されたほか、東京・新橋演舞場で劇団新派により舞台版が上演された。

劇中では銀座の酒場リスボンのマダム・葉子と、京都の元舞妓で銀座に進出してきたお菊を中心に、“夜の女の美しい戦い”が描かれる。葉子は劇団新派の河合雪之丞、お菊は篠井英介が演じ、このほか出演者には喜多村緑郎山村紅葉瀬戸摩純が名を連ねた。補綴・演出は新派文芸部の成瀬芳一が担当する。チケットの一般販売は4月30日にスタート。

六月花形新派公演「夜の蝶」

2019年6月6日(木)~28日(金)
東京都 三越劇場

作:川口松太郎
補綴・演出:成瀬芳一

出演

白沢一郎:喜多村緑郎
お菊:篠井英介
葉子:河合雪之丞
お春:山村紅葉
お景:瀬戸摩純

ステージナタリーをフォロー