ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

舞台は数千年後の未来、エラ・ホチルドが描き出す「Futuristic Space」

39

エラ・ホチルドの公演より。(Photo by yuval hidas)

エラ・ホチルドの公演より。(Photo by yuval hidas)

エラ・ホチルド「Futuristic Space」が、1月31日から2月3日に神奈川・横浜赤レンガ倉庫 1号館 3Fホールにて上演される。

「Futuristic Space」は、エラ・ホチルドが振付・演出を担当し、現代美術家の大巻伸嗣が美術を手がけるダンス作品。数千年後の未来を舞台に、大災害後に生き残った人たちと彼らによって構築される社会、自然と対峙する人間のあり方に迫る。森山未來と共同振付した「JUDAS, CHRIST WITH SOY」で注目を集めたホチルドが、世界初演となる本作でどのような作品世界を繰り広げるのか注目だ。

なお本作は、「横浜ダンスコレクション2019 METHOD / SPACE / PRESENCE」のオープニングプログラムとして上演される。「横浜ダンスコレクション2019」は1月31日から2月17日まで神奈川・横浜赤レンガ倉庫 1号館と横浜にぎわい座 のげシャーレにて。

「横浜ダンスコレクション2019 METHOD / SPACE / PRESENCE」

2019年1月31日(木)~2月17日(日)
神奈川県 横浜赤レンガ倉庫 1号館、横浜にぎわい座 のげシャーレ

エラ・ホチルド「Futuristic Space」

2019年1月31日(木)~2月3日(日)
神奈川県 横浜赤レンガ倉庫 1号館 3Fホール

振付・演出:エラ・ホチルド
美術:大巻伸嗣
音楽:ゲルション・ヴァイセルフィレル
出演:大宮大奨、笹本龍史、鈴木竜、湯浅永麻、ミハル・サイファン

ステージナタリーをフォロー