ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

脚本・演出は村井雄、田中惇之が1日限定で送る一人芝居

332

田中惇之の一人芝居」が、12月5日に東京・東京キネマ倶楽部で上演される。

1日限定の本公演では、廣島神樂團を主宰する田中惇之の原案・出演による一人芝居が、KPR/開幕ペナントレースの村井雄の脚本・演出で上演される。

上演に向け田中は「ご来場下さるお客様には、こんな無名の俳優の事なんて無視して、皆様一人一人が自発的に楽しんで、勝手に素敵な記憶を作って帰って頂ければ、これ幸いでございます」とメッセージを送り、村井は「King Lear, SADAHARU ーリア王貞治ー』で9人(で1チーム)のリア王を率いた東京キネマ倶楽部にたった1人の田中惇之とともに挑みます。1人で野球チームひとつ分の働きをする田中惇之のリア王(?)にご期待ください」と呼びかけている。

田中惇之コメント

無名の俳優、田中惇之です。無名ですから、何の気負いも失う物もない訳で、あとは皆様の記憶に残るかどうかでございます。良い記憶として残すなら、そりゃもう楽しんでもらうしかないです! その時、皆様の記憶の中で日本一有名な無名の俳優、田中惇之が生まれる訳でございます!! なんせ一人ですから。笑
なのでご来場下さるお客様には、こんな無名の俳優の事なんて無視して、皆様一人一人が自発的に楽しんで、勝手に素敵な記憶を作って帰って頂ければ、これ幸いでございます。

村井雄コメント

拙作「King Lear, SADAHARU ーリア王貞治ー」で9人(で1チーム)のリア王を率いた東京キネマ倶楽部にたった1人の田中惇之とともに挑みます。1人で野球チームひとつ分の働きをする田中惇之のリア王(?)にご期待ください。※「たった1人」と言いましたけどみなさんのお力添えとご協力が必要なのは言うまでもなくと言うのは言うまでもないですよね? よろしくお願いいたします!(ここがいちばん言いたいところです)

「田中惇之の一人芝居」

2018年12月5日(水)
東京都 東京キネマ倶楽部

脚本・演出:村井雄
原案・出演:田中惇之

ステージナタリーをフォロー