ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

カンパニーデラシネラの古典名作劇場「ドン・キホーテ」愛知、福岡で上演

191

カンパニーデラシネラ「ドン・キホーテ」初演より。(提供:高知県立美術館 / 撮影:釣井泰輔)

カンパニーデラシネラ「ドン・キホーテ」初演より。(提供:高知県立美術館 / 撮影:釣井泰輔)

カンパニーデラシネラ「ドン・キホーテ」が、12月1・2日に愛知・穂の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペース、8日に福岡・北九州市立美術館 本館 エントランスホールで上演される。

昨年2017年に高知・高知県立美術館 ホールで初演された本作は、カンパニーデラシネラによる古典名作劇場の第2弾。ミゲル・デ・セルバンテスの小説「ドン・キホーテ」をもとに、自身を“伝説の騎士”と夢想する男ドン・キホーテの珍道中が描かれる。演出を小野寺修二、テキストを山口茜が担当。出演者には大庭裕介崎山莉奈雫境、大駱駝艦の鉾久奈緒美、伊吹卓光、藤田桃子が名を連ねた。

上演時間は1時間10分を予定。なお本作は学校巡回公演として、11月8日から12月14日にかけて福岡、佐賀、長崎、熊本の小中学校で上演される。

カンパニーデラシネラ「ドン・キホーテ」

2018年12月1日(土)・2日(日)
愛知県 穂の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペース

2018年12月8日(土)
福岡県 北九州市立美術館 本館 エントランスホール

原作:ミゲル・デ・セルバンテス
演出:小野寺修二
テキスト:山口茜
出演:大庭裕介崎山莉奈雫境鉾久奈緒美、伊吹卓光、藤田桃子

ステージナタリーをフォロー