ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

ブルーエゴナクがロームシアター京都で新作「sad」

31

ブルーエゴナク「訪れないヒのために」より。(c)チづる

ブルーエゴナク「訪れないヒのために」より。(c)チづる

ブルーエゴナク「sad」が12月14日から16日に京都・ロームシアター京都 ノースホールにて上演される。

本作は北九州を拠点に活動する、ブルーエゴナクの新作公演。タイトルに“sad(悲しみ)”を掲げ作品を立ち上げる。出演者には木之瀬雅貴、ドキドキぼーいずの松岡咲子、大石英史、菅一馬、ウミ下着の福井菜月、諏訪七海、西村貴治、ブルーエゴナクのメンバー・平嶋恵璃香が名を連ねた。

なお本公演は、ロームシアター京都が京都芸術センターと協働する、若手アーティストの発掘と育成を目的とした新たな創造支援プログラム“KIPPU”の1作品。初年度となる今回は、ブルーエゴナクのほか、安住の地、akakilikeが参加団体として選出されている。

ロームシアター京都×京都芸術センター“KIPPU” ブルーエゴナク 新作「sad」

2018年12月14日(金)~16日(日)
京都府 ロームシアター京都 ノースホール

作・演出:穴迫信一
出演:木之瀬雅貴、松岡咲子、大石英史、菅一馬、福井菜月、諏訪七海、西村貴治、平嶋恵璃香

ステージナタリーをフォロー