ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

四姉妹を巡る“家族の話”に根本宗子「この2年全て肯定できる最高のものに」

100

12月20日から31日まで東京・本多劇場で上演される、月刊「根本宗子」の本公演「愛犬ポリーの死、そして家族の話」のビジュアルと内容が明らかになった。

本作は、家族を巡る物語。早くに母を亡くした森家の四姉妹は、四女以外は結婚してそれぞれの家庭を持っている。家族行事で全員が家に集まったある日、四女の愛犬ポリーが死んでしまい……。四女役を青山美郷、愛犬ポリー役を村杉蝉之介が務め、姉妹役をほかに瑛蓮小野川晶、そして根本宗子が演じる。

上演に向けて根本は「一人の少女が自分と周りを信じて家族を変えるお話です。『夢と希望の先』から約2年ぶりの本多劇場での劇団公演です。自分のこの2年全て肯定できる最高のものにしたいと思います」と意気込みを述べた。

※2018年12月19日追記:出演者が青山美郷から藤松祥子に変更になりました。

月刊「根本宗子」第16号「愛犬ポリーの死、そして家族の話」

2018年12月20日(木)~31日(月)
東京都 本多劇場

作・演出:根本宗子
出演:藤松祥子村杉蝉之介 / 瑛蓮小野川晶、根本宗子、田村健太郎岩瀬亮用松亮

ステージナタリーをフォロー