ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

トム・サザーランドが更新する1500人の夢と希望の物語「タイタニック」開幕

1170

ミュージカル「タイタニック」フォトコールより。

ミュージカル「タイタニック」フォトコールより。

ミュージカル「タイタニック」が、本日10月1日に東京・日本青年館ホールで開幕。これに先駆け、オープニングシーン「出航」のフォトコールが行われた。

ピーター・ストーンの原作、モーリー・イェストンの音楽・作詞によって、1997年にブロードウェイで初演された本作。2013年には、“船の悲劇ではなく、実際にそこに生きた人々の物語である”と解釈し直されたトム・サザーランドによる新演出版がイギリス・ロンドンで初演され、15年にはトム演出のもと日本初演された。そして約3年半ぶりの再演となる今回は、トムが新たに演出を手がける。

フォトコール前に取材に応じた設計士・アンドリュース役の加藤和樹は、「役者同士の化学反応を毎日ひしひしと感じています。人が変われば作品もこんなに変わるのかと驚きました」と再演にあたり新キャストを迎えた稽古場を振り返り、「トム本人が『自分自身も3年半で成長した』と言っていて、それを受けてか作品もまったく新しいものになったと思います」と手応えを語る。続けて「本当に、ついさっきも(演出の)変更があったり……(笑)。キャスト、スタッフが大変な思いをしながら、作り上げた作品です」と舞台裏を明かし、「無事にこの航海が終えられるように務めていきたいです」と抱負を述べた。

今回初参加となる、船のオーナー・イスメイ役の石川禅は「こんなに素晴らしい群像劇に、トムの演出で参加できてうれしいです」と感慨を語り、舞台の床板のパーツが、1つひとつ大きさが違うことについて言及する。「この床を見たとき、スタッフワークの素晴らしさに感動しました。作品を作り上げる大事な歯車の1つとして、皆さんと素晴らしい舞台を作り上げたい」と意気込む。

初演ではイスメイ役を演じた、船長・スミス役の鈴木壮麻は、「トムと一緒にこの作品を作ったときの、作品が日々変わっていく感動が忘れられなくて、早く稽古に参加したいなと思っていました。そしたら案の定、毎日変わっていって……(笑)」と苦笑しつつ、「それに付き合うスタッフさんも大変だったと思いますが、彼のフォーカスしてることに向け、みんなで心を1つにしてここまで来ることが出来ました。皆さんぜひ目撃者となって、この出航に立ち会ってください」と笑顔で観客にメッセージを送った。

続いて挨拶をしたトムは、「また日本に戻ってきて、新しいバージョンの『タイタニック』を皆さんに観せることができてうれしいです。ご覧になったことがある方にも、『こんな形で観るのは初めてだ』と思っていただけると思います」と自信を覗かせる。

さらに、「タイタニック」をミュージカル化したいという希望を話したときに、周囲から「それは難しいのでは」と指摘されたエピソードを明かし、「僕はチャレンジが大好きなので、『できる。1500人が乗る船の話を、22人だけでやってみせる』と言いました」と述べ、「一番大事にしたいのは夢、希望。映画の中では伝えきれない物語を、演劇なら伝えられると挑みました」と目を輝かせて結んだ。

上演時間は途中休憩20分を含む約2時間30分。公演は10月1日から13日まで東京・日本青年館ホール、10月17日から22日まで大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて。

ミュージカル「タイタニック」

2018年10月1日(月)~13日(土)
東京都 日本青年館ホール

2018年10月17日(水)~22日(月)
大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

原作:ピーター・ストーン
音楽・作詞:モーリー・イェストン
演出:トム・サザーランド

キャスト

アンドリュース:加藤和樹
イスメイ:石川禅
バレット:藤岡正明
エッチス:戸井勝海
チャールズ・クラーク:相葉裕樹
マードック:津田英佑
ジム・ファレル:渡辺大輔
ブライド:上口耕平
ライトーラー:小野田龍之介
ハートリー:木内健人
ベルボーイ:百名ヒロキ
フリート:吉田広大
エドガー・ビーン:栗原英雄

アリス・ビーン:霧矢大夢
キャロライン・ネビル:菊地美香
ケイト・マクゴーワン:小南満佑子
ケイト・マーフィー:屋比久知奈
ケイト・ムリンズ:豊原江理佳

アイダ・ストラウス:安寿ミラ
イシドール・ストラウス:佐山陽規
スミス:鈴木壮麻

須藤香菜

ステージナタリーをフォロー