ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

石丸幹二が司会の「題名のない音楽会」で「兵士の物語」特集

410

2014年上演の「兵士の物語」より。左から石丸幹二演じる語り手、首藤康之演じる兵士。(撮影:山田穀)

2014年上演の「兵士の物語」より。左から石丸幹二演じる語り手、首藤康之演じる兵士。(撮影:山田穀)

9月1日10:00からテレビ朝日系で放送される「題名のない音楽会」で、イーゴリ・ストラヴィンスキー作曲の「兵士の物語」が特集される。

「兵士の物語」は、1918年に発表された語りと演劇、バレエの総合舞台芸術作品。7人の小オーケストラと、語り手、兵士、悪魔が登場し、ロシアの民謡をもとにした物語が展開する。「天才による前代未聞の音楽会」をテーマに掲げる本特集では、バイオリニスト・郷古廉ら7人の楽士が演奏を披露する。

なお初演から100年を迎える今年2018年9月から10月には、串田和美の演出・美術・出演で「兵士の物語2018」が上演される。出演者には「題名のない音楽会」の司会者・石丸幹二のほか、首藤康之、渡辺理恵、串田が名を連ねている。「兵士の物語2018」は9月19日から23日まで長野・まつもと市民芸術館 実験劇場、9月27日から10月1日まで東京・スパイラルホール、10月4日に岐阜・大垣市民会館 大ホール、10月6・7日に兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホールで上演される。

テレビ朝日系「題名のない音楽会」

2018年9月1日(土)10:00~10:30

司会:石丸幹二
出演:青島広志、郷古廉、谷口拓史、粟生田直樹、長哲也、川田修一、三田博基、大場章裕

「兵士の物語2018」

2018年9月19日(水)~23日(日・祝)
長野県 まつもと市民芸術館 実験劇場

2018年9月27日(木)~10月1日(月)
東京都 スパイラルホール

2018年10月4日(木)
岐阜県 大垣市民会館 大ホール

2018年10月6日(土)・7日(日)
兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

作曲:イーゴリー・ストラヴィンスキー
台本:シャルル・フェルディナン・ラミューズ
演出・美術:串田和美

キャスト
語り手:石丸幹二
兵士:首藤康之
プリンセス:渡辺理恵
悪魔:串田和美
村人:武居卓
村人:下地尚子
ほか

音楽:郷古廉(バイオリン)、谷口拓史(コントラバス)、カルメン・イゾ(クラリネット)、長哲也(ファゴット)、多田将太郎(トランペット)、三田博基(トロンボーン)、大場章裕(パーカッション)

※初出時、曜日表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

ステージナタリーをフォロー