ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

岩代太郎が手がける新たな試み、奏劇「ライフ・コンチェルト」に國村隼ら

215

奏劇「『ライフ・コンチェルト』ある教誨師の物語~死刑執行までのカウントダウン」が、8月29日から9月3日まで東京・紀伊國屋ホールで上演される。

本作は、「あゝ、荒野」や「レッドクリフ」などの映画音楽で知られる作曲家・岩代太郎が、新たに試みるクリエーション。岩代が原作・音楽を手がけ、演奏と演劇の中間的な舞台芸術、“奏劇(そうげき)”の上演を目指す。

ベテラン教誨師の牧師・元村由紀夫とその後任となった塩野智嗣は、いつ刑が執行されるかわからない死刑囚たちと向き合い続け……。演劇部分を担う出演者には、國村隼高田翔(ジャニーズJr.)、黒川智花大森博史長谷川京子がキャスティングされ、演奏は岩代と東京フィルハーモニー交響楽団のメンバーが担当するほか、ボイス・語りとして染谷俊之が名を連ねた。

上演に際し岩代は「どうぞ新しいクリエーションの息吹をご覧下さい」と観客に呼びかけている。チケットは7月28日10:00に発売。なお本作は、コンサートバージョンの公演を、9月17日に予定している。

岩代太郎コメント

多くのサウンドトラックを手掛けながら、時には台詞よりも雄弁に語る音楽の有様を知り、新しい音楽の可能性を探求したいとの衝動を抱きました。台詞のように奏でられる旋律、旋律のように語られる台詞。
かつて「オペラ」の新しい可能性を探求した先に「楽劇」があったように、「演奏」と「演劇」の挟間で新しい可能性を探求したい。その想いから生まれた新しい舞台芸術のカタチを私は「奏劇(そうげき)」と名付けました。どうぞ新しいクリエーションの息吹をご覧下さい。

奏劇「『ライフ・コンチェルト』ある教誨師の物語~死刑執行までのカウントダウン」

2018年8月29日(水)~9月3日(月)
東京都 紀伊國屋ホール

企画・原作・音楽:岩代太郎
脚本:土城温美
演出:深作健太
出演:國村隼高田翔(ジャニーズJr.)、黒川智花大森博史長谷川京子
演奏:岩代太郎(指揮・ピアノ)、東京フィルハーモニー交響楽団メンバーによる弦楽四重奏団、染谷俊之(ボイス・語り)ほか

※染谷俊之の出演は8月29日~31日、9月3日。

ステージナタリーをフォロー