ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

森山開次、大人も子供も一緒に楽しめる「サーカス」新国立劇場で再び

157

森山開次「サーカス」より。(撮影:鹿摩隆司)

森山開次「サーカス」より。(撮影:鹿摩隆司)

森山開次が手がける「サーカス」が、5月19・20日、23・24日、26・27日に東京・新国立劇場 小劇場で上演される。

本作は新国立劇場の2014 / 2015シーズンで初演された、“大人も子供も一緒に楽しめるダンス作品”。森山をはじめとする個性豊かなダンサーたちが、サーカス小屋のような空間に、不思議で美しく楽しい世界を描き出す。

演出・振付・アートディレクションを森山が担当するほか、音楽に川瀬浩介、美術・衣裳にひびのこづえ、映像にムーチョ村松が名を連ねている。上演時間は途中休憩を含む約1時間30分を予定。

新国立劇場 開場20周年記念 2017/2018シーズン 森山開次「サーカス」

東京都 新国立劇場 小劇場
2018年5月19日(土)・20日(日)、23日(水)・24日(木)、26日(土)・27日(日)

演出・振付・アートディレクション:森山開次
音楽:川瀬浩介
美術・衣裳:ひびのこづえ
映像:ムーチョ村松
出演:森山開次、浅沼圭、竹田仁美(19日12:00開演回、23日、26日12:00開演回、27日のみ)、五月女遥(19日16:00開演回、20日、24日、26日16:00開演回のみ)、谷口界、引間文佳、美木マサオ、水島晃太郎、宮河愛一郎

ステージナタリーをフォロー