ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

若者が恋に燃える「5DAYS」開幕、石丸さち子「一生に匹敵する5日間を2時間で」

320

Rock Musical「5DAYS 辺境のロミオとジュリエット」より。

Rock Musical「5DAYS 辺境のロミオとジュリエット」より。

ロックミュージカル「5DAYS 辺境のロミオとジュリエット」が、昨日4月3日に神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオで開幕。これに先駆け、2日に同劇場でゲネプロが行われた。

石丸さち子が脚本・作詞・演出、和田俊輔が音楽を手がける本作は、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を下敷きにしたオリジナルミュージカル。現代を舞台に、血縁、国境、人種、宗教など見えないラインに隔てられた若者たちが、恋に命を燃やす5日間が描かれる。出演者には東啓介豊原江理佳柳下大中山義紘大山真志マルシアが名を連ねた。

時は2018年。辺境のための経済復興特別区・グラントにラインが引かれたことで、デルヒとゼムリャに分かれた2つの街の対立は激化していた。デルヒに住むハワルはある日、ライン上に暮らす女性の導きで友人たちと一緒にゼムリャの祭りにもぐり込む。そこでハワルはゼムリャの女性リェータと恋に落ちるが、彼女の兄はゼムリャの血と種を守る民族運動の若きリーダーで……。

上演に際し石丸は「一生に匹敵する5日間を2時間で描きます。駆け抜ける愛、転落する愛を、俳優たちは、16m×10mの舞台をまさに走りつづけて、小高い丘からまさに転がり続けて、全身で物語ります。愛という感情が、人と世界にもたらす力を体感してください」、東は「この作品を全員で1から作りあげてきました。現代における様々な境界線、それぞれの愛を感じて頂き、観終わった後、皆様に温かい気持ちになってもらえたら幸いです」とコメントした。

なお一部公演では本編の終了後にアフタートークが開催され、ゲストに城田優、末満健一、樹里咲穂らが登壇する。詳細は公式サイトで確認を。「5DAYS 辺境のロミオとジュリエット」の公演は4月23日まで。

石丸さち子コメント

一生に匹敵する5日間を2時間で描きます。駆け抜ける愛、転落する愛を、俳優たちは、16m×10mの舞台をまさに走りつづけて、小高い丘からまさに転がり続けて、全身で物語ります。愛という感情が、人と世界にもたらす力を体感してください。

東啓介コメント

この作品を全員で1から作りあげてきました。現代における様々な境界線、それぞれの愛を感じて頂き、観終わった後、皆様に温かい気持ちになってもらえたら幸いです。劇場でお待ちしております。

豊原江理佳コメント

ロックミュージカル「5DAYS」。ついに初日を迎えます。純粋に人を愛する、ということをこのミュージカルを観て下さる全ての方に伝えたいです。劇場でお待ちしております!

柳下大コメント

熱い厚い稽古を経て、いよいよ本番の幕を開けます。石丸さんの手により新しく生まれ変わったロミジュリ、「5DAYS」。6人が繰り出す魂の5日間。体感しにいらして下さい。

中山義紘コメント

オリジナル作品が産まれる瞬間を目の当たりにしていただきたいです。この作品は中山義紘自身にとっても大きな挑戦です。お客様1人1人の想像力をお借りして「5DAYS」を一緒に創り上げたいと思います。KAATでお待ちしております。

大山真志コメント

長い時間をかけてこの「5DAYS」を皆で創り上げてきました。この作品を観劇した後、お客様に人を愛すること、生きていることの素晴らしさを感じ、温かい気持ちになって頂けたら嬉しいです。

マルシアコメント

初日はやっと役がおりて来る日。楽しみと緊張が混ざり合い、そしてお客様がそこにいることで作品のラストピースがハマるのだ。「5DAYS」をしっかり生きます。

Rock Musical「5DAYS 辺境のロミオとジュリエット」

2018年4月3日(火)~23日(月)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ

脚本・作詞・演出:石丸さち子
音楽:和田俊輔
振付:木下菜津子
出演:東啓介豊原江理佳柳下大中山義紘 / 大山真志 / マルシア

ステージナタリーをフォロー