ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

ガレキの太鼓が復活公演、舘そらみ「泣けない葬式話を引っさげて劇場に」

104

ガレキの太鼓 復活公演「地上10センチ」より。

ガレキの太鼓 復活公演「地上10センチ」より。

ガレキの太鼓「地上10センチ」が、3月8日に開幕した。

本作は、2014年から活動休止していた舘そらみ率いるガレキの太鼓の“復活公演”。死をテーマとした“ハイテンション冠婚葬祭ロードムービー“を繰り広げる。

上演に向けて舘は「劇団休止から3年。泣けない葬式話を引っさげて、劇場にお邪魔します。演劇を一度捨てた演出家が、優しき怪優たちと作りました。どうか、劇場でお待ちしております」とコメントしている。

公演は18日まで、東京・こまばアゴラ劇場にて。

舘そらみ コメント

「誰だって誰かを看取るんだから、じゃあそんな経験シェアして、みんなで乗り越えたいじゃない!」そんな思いから、葬式の物語を作りました。
葬式ってなんだよ。死ぬってなんだよ。
劇団休止から3年。泣けない葬式話を引っさげて、劇場にお邪魔します。
演劇を一度捨てた演出家が、優しき怪優たちと作りました。
どうか、劇場でお待ちしております。

ガレキの太鼓 復活公演「地上10センチ」

2018年3月8日(木)~18日(日)
東京都 こまばアゴラ劇場

作・演出:舘そらみ
出演:石川彰子、海老根理、岡慎一郎、尾崎宇内小瀧万梨子、小林樹、酒巻誉洋日比野線村井まどか

※尾崎宇内の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

ステージナタリーをフォロー