ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「アイ★チュウ2018」優勝目指してパフォーマンス対決!結果は投票で決定

157

「アイ★チュウ ザ・ステージ ~Stairway to Etoile 2018~」公開ゲネプロより、F∞F(中央)。

「アイ★チュウ ザ・ステージ ~Stairway to Etoile 2018~」公開ゲネプロより、F∞F(中央)。

「アイ★チュウ ザ・ステージ ~Stairway to Etoile 2018~」が本日2月23日に東京・サンシャイン劇場で開幕。昨日22日には、観客を招いて公開ゲネプロが行われた。

本作はアイドルを育成する学園、エトワール・ヴィオスクールを舞台とした恋愛リズムアドベンチャーゲーム「アイ★チュウ」が原作。昨年2017年には第1弾となる「アイ★チュウ ザ・ステージ ~Stairway to Etoile~」が上演されたほか、ライブ公演「LIVE!! アイ★チュウ The Stage ~etincelle~」が開催された。

物語の中心となるのは、3期生のF∞F、Twinkle Bell、I▼B、ArS、そして2期生のPOP'N STAR。新人アイドルコンテストに出場することとなった5組は、本戦での優勝を目指して予選に挑む。優勝したユニットには大物作曲家によるオリジナル曲が贈られることになっていたが、その楽曲の楽譜が会場内で紛失する事件が発生してしまい……。

愛童星夜率いるF∞Fは、熱いパフォーマンスで会場を沸かせ、今回初参加となった星夜役の川井雅弘は、自身が演じる星夜さながらに、パワフルな演技でカンパニーを牽引。石渡真修扮する枢木皐月、宮城紘大扮する枢木睦月の2人からなるTwinkle Bellは、息ぴったりのダンスを披露し、さまざまな国からの留学生が所属するバンド形式のユニット・I▼Bは、楽器を携えて躍動感あふれるステージを展開する。

また芸術家としても活動するメンバーによって構成されたArSは、それぞれが異なる個性を持ちながらも、一体感のあるパフォーマンスで観客を魅了。さらにPOP'N STARの華房心役を務める設楽銀河は、可憐な“男の娘アイドル”を見事に演じきった。

第1幕終盤には、観客による“ガチ投票”を実施。これによって予選通過順位が決定されたのち、第2幕の本戦で“ガチガチ投票”が行われ、優勝ユニットが確定する。公開ゲネプロではI▼Bが勝利を手にしたが、本番で1位に輝くのは果たしてどのグループなのか。ファンは楽しみにしておこう。また各ユニットごとのパフォーマンスはもちろん、4組のシャッフルユニットによる歌唱披露も見どころの一つとなっている。公演は3月1日まで。

「アイ★チュウ ザ・ステージ ~Stairway to Etoile 2018~」

2018年2月23日(金)~3月1日(木)
東京都 サンシャイン劇場

原作:恋愛リズムアドベンチャー「アイ★チュウ」(リベル・エンタテインメント)
演出:田尾下哲
脚本:保科由里子
音楽:早川大地

キャスト

F∞F
愛童星夜:川井雅弘
湊奏多:丸目聖人
御剣晃:小波津亜廉

Twinkle Bell
枢木皐月:石渡真修
枢木睦月:宮城紘大

I▼B
ノア:佐川大樹
レオン:結城伽寿也
黎朝陽:登野城佑真
ラビ:須永風汰
リュカ:田中晃平

ArS
日下部虎彦:綾切拓也
桃井恭介:神越将
鳶倉アキヲ:菊地燎
海部子規:山内圭輔
折原輝:荒一陽
若王子楽:岸本卓也

POP'N STAR
華房心:設楽銀河

二タ川諭吉:竹石悟朗
田中実:田中精
飯田橋ジェイムスおさみ:井上一馬
池袋太陽:大場達也
佐藤達也:吉窪司

※EtoileのE、etincelleのeはアキュートアクセント付き、I▼Bの▼はハートマークが正式表記。

(c)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (c)I★Chu the stage 2018

ステージナタリーをフォロー