白石加代子「百物語」アンコール第2弾は「牡丹灯籠」通し上演

241

白石加代子「百物語」シリーズのアンコール上演が、6月から7月にかけて東京、神奈川、兵庫ほかで行われる。

白石加代子

白石加代子

大きなサイズで見る

2014年に泉鏡花の「天守物語」をもって「百物語」の99話を語り終えた白石加代子。2016年のアンコール上演第1弾では、筒井康隆「五郎八航空」と南條範夫「燈台鬼」の2本を携えて全国ツアーが行われた。

今回のアンコール上演第2弾では三遊亭圓朝の「牡丹灯籠」が通し上演される。本作は怪談話と仇討ちの話が入り組んだ物語。浪人の萩原新三郎は、ふとしたことから旗本飯島平左衛門の娘・お露と知り合う。お互いに一目惚れした2人は抜き差しならない仲となり、お露は乳母のお米を伴い、牡丹灯籠を下げて新三郎の家を訪れていた。しかし新三郎は2人の正体が幽霊であると知ってしまう。新三郎は護符で身を守って幽霊を屋敷に入れないように策を打つが……。

公演は6月4・5日に東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA、6月8日に神奈川・横須賀芸術劇場 ヨコスカ・ベイサイド・ポケット、6月22日に兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール、7月18日から21日まで東京・シアター1010ほかにて行われる。

白石加代子「百物語」シリーズ アンコール上演「第80話 三遊亭圓朝『牡丹灯籠』」

2018年6月4日(月)・5日(火)
東京都 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

2018年6月8日(金)
神奈川県 横須賀芸術劇場 ヨコスカ・ベイサイド・ポケット

2018年6月22日(金)
兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール

2018年7月18日(水)~21日(土)
東京都 シアター1010

ほか

構成・演出:鴨下信一
出演:白石加代子

※初出時、曜日表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

全文を表示

関連記事

白石加代子のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 白石加代子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします