白石加代子「牡丹灯籠」ツアーが東京で本日開幕

81

白石加代子による「百物語」シリーズのアンコール上演「第80話 三遊亭圓朝『牡丹灯籠』」が、去る5月30日に東京・亀戸文化センターで開幕した。

岩波ホール発 白石加代子「百物語」シリーズ アンコール上演「第80話 三遊亭圓朝『牡丹灯籠』」より。

岩波ホール発 白石加代子「百物語」シリーズ アンコール上演「第80話 三遊亭圓朝『牡丹灯籠』」より。

大きなサイズで見る(全3件)

これは2014年に泉鏡花の「天守物語」をもって「百物語」99話を語り終えた白石が、同シリーズの代表作を再び上演するアンコール企画。16年の第1弾では、筒井康隆「五郎八航空」と南條範夫「燈台鬼」の2本により全国ツアーが実施された。

第2弾となる今回は三遊亭圓朝「牡丹灯籠」を通し上演。本作では怪談話と仇討ちの話が入り組んだ物語が繰り広げられる。浪人の萩原新三郎は、ふとしたことから旗本飯島平左衛門の娘・お露と知り合う。お互いに一目惚れした2人は抜き差しならない仲となり、お露は乳母のお米を伴って、牡丹灯籠を下げ、新三郎の家を訪れる。しかし新三郎は2人の正体が幽霊であると知り……。構成・演出は鴨下信一が担当、上演時間は途中休憩20分を含む約2時間10分。

公演は本日6月4日と明日5日に東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAで上演されたのち、神奈川、新潟、京都、兵庫、茨城、北海道など各地を巡演する。

この記事の画像(全3件)

岩波ホール発 白石加代子「百物語」シリーズ アンコール上演「第80話 三遊亭圓朝『牡丹灯籠』」

2018年5月30日(水)※公演終了
東京都 亀戸文化センター

2018年6月4日(月)・5日(火)
東京都 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

ほか神奈川、新潟、京都、兵庫、茨城、北海道を巡演。

構成・演出:鴨下信一
出演:白石加代子

全文を表示

関連記事

白石加代子のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 白石加代子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします