ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

乃木坂46衛藤美彩・伊藤純奈・久保史緒里「三人姉妹」開幕、赤澤ムック「すでに姉妹感」

211

「三人姉妹」より。

「三人姉妹」より。

乃木坂46の衛藤美彩、伊藤純奈、久保史緒里が出演し、赤澤ムックが演出を手がける「三人姉妹」が、本日1月17日に東京・博品館劇場で開幕した。

アントン・チェーホフ四大戯曲の1つで、モスクワへの帰郷を夢見ながら、理想と現実の間で揺れ動く姉妹の姿を描く本作。長女オリガ役を乃木坂46の1期生である衛藤、次女マーシャ役を2期生の伊藤、そして三女イリーナ役を3期生の久保が演じる。

またアンドレイ役に五十鈴ココ、ナターシャ役に岡田あがさ、クルイギン役に美翔かずき、ヴェルシーニン役に汐月しゅう、トゥーゼンバフ役に春川芽生、ソリョーヌイ役に立道梨緒奈が名を連ね、アンフィーサ役を柿丸美智恵、チェブトゥイキン役を東風万智子が務めている。

ゲネプロ前に行なわれた囲み会見には衛藤、伊藤、久保、演出の赤澤が登壇。役どころについて、衛藤は「オリガは常に疲れていて、ため息も多くて、テンションも上がらないから声の出し方が難しかったです」とコメント。伊藤は「マーシャは既婚者だけど冒険をしたいと思っている不思議な女性です」と続け、久保は「イリーナはモスクワの地を夢見ている子で、末っ子感がすごく出ているのでそこに注目してほしいと思います」と呼びかけた。

乃木坂46の1期生、2期生、3期生の3人が姉妹を演じるキャスティングについて、衛藤は「(伊藤、久保とは)普段なかなか濃い時間を過ごすことがなかったけれど、3人姉妹という設定にはこの境遇がよかったのかな、と思います」と語る。久保が2人の先輩について「メイクを教えてくれたり、本当のお姉ちゃんみたいでした」と明かすと、伊藤は「口で言うだけじゃなくて、手も一緒に出ちゃうところがお姉ちゃんだよね」と発言する。衛藤は「乃木坂46でも年長で、グループにも“妹”が43人くらいいるので……役作りはまったく困らなかったです」と笑顔を見せた。

伊藤は初挑戦した人妻役について「稽古中はずっと左手薬指に指輪を付けて、自分の一部にしていました」とエピソードを明かす。また、今作で初めて同期メンバー以外のキャストと舞台に挑む久保は「不安がありましたが、先輩も共演者の方もすごく話しかけてくださって。緊張も解けて、とても楽しく学べました」と述べる。演出の赤澤は、久保が稽古場のマスコット的存在だったことを明かすと「あのシーンやってみたら?」と久保に“ムチャ振り”する。久保は困惑しながらも「そんなの困るわ!」とハイテンションな演技を見せるシーンを再現した。

緊張気味の久保を衛藤と伊藤が優しくフォローする姿を見ていた赤澤は「すでに姉妹感がありますね」と、そのチームワークに称賛した。公演は2月4日まで行なわれる。

「三人姉妹」

2018年1月17日(水)~2月4日(日)
東京都 博品館劇場

原作:アントン・チェーホフ
訳:浦雅春(「ワーニャ伯父さん / 三人姉妹」光文社古典新訳文庫)
演出:赤澤ムック
出演:衛藤美彩(乃木坂46)、伊藤純奈(乃木坂46)、久保史緒里(乃木坂46) / 五十鈴ココ、岡田あがさ、美翔かずき、汐月しゅう春川芽生立道梨緒奈 / 柿丸美智恵 / 東風万智子

ステージナタリーをフォロー