ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

安西慎太郎×辻本祐樹が駆け抜ける「る年冬の陣」明治座で本日開幕

489

「ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭」公開ゲネプロより。

「ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭」公開ゲネプロより。

本日12月28日に東京・明治座にて「ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭」が開幕。初日に先駆け、昨日27日に同劇場にて公開ゲネプロが行われた。

る・ひまわりと明治座がタッグを組み、忠臣蔵や源義経、阿弖流為など歴史上のできごと、人物を題材に2011年から上演している本シリーズ。第1部は芝居、第2部はオリジナルユニットによるショーを展開するスタイルで行われ、今回の第1部の演目は「SANADAMA・る」と題し、大坂夏の陣を片倉重長と伊達政宗の目線から描く。舞台は関ケ原の戦いから10年後。政宗から任務を課せられた重長は、根津甚八として真田十勇士に加わることになり……。今回は安西慎太郎辻本祐樹がW主演として、重長役と政宗役をそれぞれ務める。

安西は全身を使って舞台を跳ね回り、主君の命令と真田陣営の間で揺れる重長役を演じる。また辻本は、飄々として笑顔を絶やさないが本心の見えない政宗役を好演した。真っ赤な衣装をまとった佐奈宏紀は、穏やかな微笑みと俊敏な殺陣で真田幸村を表現する。さまよう亡霊・真田昌幸役の大山真志は、羽根があしらわれた純白の衣装で熱唱し、会場を盛り上げた。原田優一は声色を使い分けながら本多忠勝役を怪演し、ゴルフのキャディーに扮する場面ではモノマネを披露して客席の笑いを誘う。松村雄基は、訓練に励む真田十勇士を叱咤激励しながら見守る上杉景勝役を力強く演じた。

また「プロデュース1615」と題された第2部では、戦国武将たちをモチーフにしたアイドルが登場。真弾青少年団、優一の國、マーライオンZ、MAN WITH A KABUTOと、個性豊かなユニットたちが競演するショーが披露される。

殺陣やダンスバトル、モノマネやパロディなどが物語に華を添える約4時間。本作の公演は12月31日まで行われ、最終日には俳優たちによる年越しカウントダウンも実施される。その後1月13日に大阪・梅田芸術劇場 メインホールで上演。

安西慎太郎コメント

まずは明治座に辻本さんと共に座長として立たせて頂けることを心より感謝しています。
とにかくお客様に楽しんで頂ける作品を届けられるよう、キャスト、スタッフ一丸となり作品作りをしてきました。
あとはお客様に見て頂くのみ。楽しみにしていて下さい。

辻本祐樹コメント

皆様、年末のお忙しい中お運びくださり誠にありがとうございます。
僕は2013年から、る・ひまわりさんのこの祭シリーズに出演させて頂き、大久保利通、源頼朝、羽柴秀吉、母礼とその都度素敵な役を頂戴してきました。
そしてこの度、念願!の明治座さんでの座長公演、しかも独眼竜の異名を持つ伊達政宗役、本当に嬉しく思っています。
お客様の応援と期待に応えれるよう皆で全力で稽古に励みました。楽しく、最後には何か心に残るような作品になっていると思います。
どうぞ気楽にお楽しみください。

※初出時タイトルに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

「ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭」

2017年12月28日(木)~31日(日)
東京都 明治座

2018年1月13日(土)
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

脚本:赤澤ムック
構成・演出:板垣恭一

出演:安西慎太郎辻本祐樹 / 佐奈宏紀永田崇人杉江大志小沼将太碕理人白又敦 / 田中涼星蒼木陣滝川広大、小原悠輝、佐藤貴史宮下雄也井深克彦中村龍介二瓶拓也加藤啓 / 滝口幸広林剛史兼崎健太郎 / 内藤大希木ノ本嶺浩 / 大山真志原田優一 / 松村雄基 / 紫吹淳
第2部司会:三上真史

東京公演 第2部日替わりゲスト

12月28日(木)11:00 平方元基鳥越裕貴
12月28日(木)16:00 廣瀬智紀
12月29日(金)11:00 / 16:00 小林且弥小早川俊輔
12月30日(土)11:00 植田圭輔
12月30日(土)16:00 和田雅成
12月31日(日)14:00 多和田秀弥
12月31日(日)20:00 友常勇気

大阪公演 第2部日替わりゲスト

1月13日(土)12:00 / 17:30 太田基裕

※辻本祐樹の「辻」は一点しんにょうが正式表記。

ステージナタリーをフォロー