ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

片岡愛之助、新作歌舞伎「GOEMON ロマネスク」で新たな石川五右衛門に

57

第8回 システィーナ歌舞伎「GOEMON ロマネスク」製作発表より、片岡愛之助。

第8回 システィーナ歌舞伎「GOEMON ロマネスク」製作発表より、片岡愛之助。

システィーナ歌舞伎「GOEMON ロマネスク」が、2月15日から18日まで徳島・大塚国際美術館にて上演される。

陶板名画美術館として知られる大塚国際美術館。同館では、システィーナ礼拝堂を立体再現したシスティーナ・ホールにて、“和と洋のコラボレーション”をコンセプトにした新作歌舞伎・システィーナ歌舞伎をこれまで7回上演している。第8回となる今作は、2011年に初演された第3回「GOEMON 石川五右衛門」のアザーストーリー。出演者には片岡愛之助中村壱太郎上村吉弥が名を連ねた。

去る12月12日に同会場で行われた製作発表には、作・演出の水口一夫と愛之助が登壇。第1回からすべての作品を手がけている水口は、「ホールにあるミケランジェロの壁画の素晴らしさに負けないような舞台を作ることを意識すると、楽しみの数倍の苦しみもございます」と前置きしつつ、「今回の『GOEMON ロマネスク』は、愛と憎しみがテーマ。数奇な運命をたどる今までにない五右衛門を描こうと構想を練っています。何よりもできる限り楽しい、そしてエンタテインメントにあふれた舞台にしたいと思っております」と思いを語る。

五右衛門の父・カルデロンと五右衛門の2役を勤める愛之助は、「五右衛門というキャラクターはとらえどころのないロマンの塊。枠を飛び越えた役作りと設定ができるので、お客様に非日常を楽しんでいただくには最高の人物です」と自身の役どころを紹介。さらに「今回初めてご覧いただくお客様に楽しんでいただくのはもちろん、前回の『GOEMON』を知っている方にも倍楽しんでいただけるような舞台にしたいです」と抱負を述べた。

また、「私は大塚国際美術館のシスティーナ歌舞伎で、コラボレーションを取り入れる歌舞伎というものを学ばせていただきました。『GOEMON』は、“和と洋のコラボレーション”というテーマをいただいたからこそ生まれ、再演を何度も重ねられる作品になりました。とても大きな財産をいただきましたし、ライフワークだと勝手に思っています」とシスティーナ歌舞伎への感謝を語り、「これからも再演を重ねられるような新しい作品を生み出し続けたいと思います」と意気込みを述べ、会見を締めくくった。

システィーナ歌舞伎「GOEMON ロマネスク」は、2月15日から18日まで大塚国際美術館にて上演。チケットは12月19日に発売される。

第8回 システィーナ歌舞伎「GOEMON ロマネスク」

2018年2月15日(木)~18日(日)
徳島県 大塚国際美術館

作・演出:水口一夫
振付:藤間勘十郎
出演:片岡愛之助中村壱太郎上村吉弥 ほか

ステージナタリーをフォロー