ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「舞妓はレディ」西郷輝彦が療養のため降板、代役は辰巳琢郎

73

ミュージカル「舞妓はレディ」に出演予定だった西郷輝彦が、療養のため降板。これに伴い、代役を辰巳琢郎が務めることが明らかになった。

2018年3月に福岡・博多座で上演される本作は、周防正行原作・脚本・監督による映画「舞妓はレディ」を原作としたミュージカル。花街の人々に見守られながら成長していく主人公・春子の姿が描かれ、春子役を唯月ふうかが演じる。

辰巳が演じるのは、呉服屋の社長でお茶屋の常連客・北野織吉役。2001年4月以来、17年ぶりに博多座の舞台に立つ辰巳は「準備期間は短いですが、17年ぶりの博多座、精一杯務めさせていただきます」と意気込みを語った。公演は2018年3月4日から20日まで行われ、チケットの一般販売は1月13日に開始する。

辰巳琢郎コメント

京都は学生時代、芝居に明け暮れた場所。
この役をいただいたことに、どこか運命的なものを感じております。
京都の雰囲気も作らなくてはならない大切なパート。
準備期間は短いですが、17年ぶりの博多座、精一杯務めさせていただきます。

ミュージカル「舞妓はレディ」

2018年3月4日(日)~20日(火)
福岡県 博多座

原作:周防正行/アルタミラピクチャーズ
脚色:堀越真
演出:寺崎秀臣
出演:唯月ふうか、榊原郁恵、平方元基、湖月わたる、蘭乃はな、辰巳琢郎 / 多田愛佳、片山陽加、土屋シオン

※寺崎秀臣の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

ステージナタリーをフォロー