ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「ピカレスク◆セブン」ノブナガやピーターパンも、“悪の祭典”全配役を発表

372

少年社中20周年記念第1弾 少年社中×東映 舞台プロジェクト「ピカレスク◆セブン」告知ビジュアル

少年社中20周年記念第1弾 少年社中×東映 舞台プロジェクト「ピカレスク◆セブン」告知ビジュアル

少年社中20周年記念第1弾 少年社中×東映 舞台プロジェクト「ピカレスク◆セブン」の全配役が決定した。

新たに配役が明らかになったのは、織田ノブナガ役の細貝圭、ピーターパン役の椎名鯛造、フック船長役の唐橋充、ジャック・ザ・リッパー役の佃井皆美、ファントム役の堀池直毅、リチャードIII世役の山川ありそ、そして魔女を演じる井俣太良相馬圭祐大竹えりら。既に発表されているマクベス役の鈴木勝吾、トクガワイエミツ役の宮崎秋人、トクガワイエヤス役の大高洋夫に加え、全キャスト22役の配役が明らかになった。

少年社中主宰の毛利亘宏が手がける本作は、“日ノ本”の滅亡を目論む“東照大権現・トクガワイエヤス”に立ち向かう7人の極悪人・ピカレスク◆セブンを描く物語。“悪”をモチーフにしたキャラクターが集う“悪の祭典”となっている。王座を狙うピカレスク◆セブンの一員・マクベスを鈴木、自身の祖父トクガワイエヤスによって、将軍の座と天下泰平を奪われたトクガワイエミツを宮崎、そして冥府からよみがえった“東照大権現・トクガワイエヤス”を大高が演じる。

チケットは各種プレイガイドにて販売中。なお公式サイトでは、出演者のコメント動画を公開中だ。

少年社中20周年記念第1弾 少年社中×東映 舞台プロジェクト「ピカレスク◆セブン」

2018年1月6日(土)~15日(月)
東京都 サンシャイン劇場

2018年1月20日(土)・21日(日)
大阪府 サンケイホールブリーゼ

2018年1月27日(土)
愛知県 岡崎市民会館 あおいホール

脚本・演出:毛利亘宏

キャスト

マクベス:鈴木勝吾
トクガワイエミツ:宮崎秋人

織田ノブナガ:細貝圭
ピーターパン:椎名鯛造
フック船長:唐橋充
ジャック・ザ・リッパー:佃井皆美
ファントム:堀池直毅
リチャードIII世:山川ありそ

魔女1:井俣太良
魔女2:相馬圭祐
魔女3:大竹えり

トクガワヒデタダ:廿浦裕介
春日局:杉山未央

ハンゾウ:竹内尚文
豊臣ヒデヨシ:松本寛也
巴御前:内山智絵
ぬらりひょん:川本裕之
そうりだいじん:岩田有民

ピピ:加藤良子
悪の秘密結社の大首領:丸山敦史
黒い全身タイツの男:長谷川太郎

トクガワイエヤス:大高洋夫

ステージナタリーをフォロー