ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

毛利亘宏のオファーで実現「ピカレスク◆セブン」ナレーションは神谷浩史

3049

少年社中×東映「ピカレスク◆セブン」にて、声優の神谷浩史がナレーションを務めることが明らかになった。

少年社中毛利亘宏が脚本を手がけるスーパー戦隊シリーズ「宇宙戦隊キュウレンジャー」で、ショウ・ロンポー / リュウコマンダー役を演じている神谷。今回、毛利のオファーに応える形で神谷の出演が実現したという。これについて毛利は「神谷さんのナレーションは、本作に登場する22人の悪人たちの力強いスタートを生んでくれました。期待していてください」とコメントしている。

「ピカレスク◆セブン」は、“日ノ本”の滅亡を目論む“東照大権現・トクガワイエヤス”に立ち向かう7人の極悪人・ピカレスク◆セブンを描いた物語。王座を狙うピカレスク◆セブンの一員・マクベス役に鈴木勝吾、自身の祖父トクガワイエヤスによって、将軍の座と天下泰平を奪われたトクガワイエミツ役に宮崎秋人、そして冥府からよみがえった“東照大権現・トクガワイエヤス”役には大高洋夫がキャスティングされた。

公演は1月6日から15日まで東京・サンシャイン劇場、20・21日に大阪・サンケイホールブリーゼ、27日に愛知・岡崎市民会館 あおいホールにて。なお本作は、少年社中の20周年記念公演第1弾となる。

毛利亘宏コメント

自分が大事にしている劇団、その20周年を記念する第一弾作品としておくる本作は、これまで怖くて怖くて手を出してこなかった悪人を描くことに挑戦しています。そんな自分にとっては挑戦作といえる本作の導入部分、冒頭のナレーションにどうしても、もう一つ、“熱”が欲しかった。
圧倒的な熱量の持つ作品になりそうだと思っている中、「宇宙戦隊キュウレンジャー」という作品でいっしょに戦っている戦友の一人であります、神谷さんにその“熱”をさらに足してもらいたいと願い、今回、ナレーションにオファーさせてもらいました。
神谷さんのナレーションではじまる本作は、冒頭、オープニングから飛ばしております。神谷さんのナレーションは、本作に登場する22人の悪人たちの力強いスタートを生んでくれました。期待していてください。

「少年社中20周年記念第一弾 少年社中×東映 舞台プロジェクト『ピカレスク◆セブン』」

2018年1月6日(土)~15日(月)
東京都 サンシャイン劇場

2018年1月20日(土)・21日(日)
大阪府 サンケイホールブリーゼ

2018年1月27日(土)
愛知県 岡崎市民会館 あおいホール

脚本・演出:毛利亘宏

キャスト

マクベス:鈴木勝吾
トクガワイエミツ:宮崎秋人

織田ノブナガ:細貝圭
ピーターパン:椎名鯛造
フック船長:唐橋充
ジャック・ザ・リッパー:佃井皆美
ファントム:堀池直毅
リチャードIII世:山川ありそ

魔女1:井俣太良
魔女2:相馬圭祐
魔女3:大竹えり

トクガワヒデタダ:廿浦裕介
春日局:杉山未央

ハンゾウ:竹内尚文
豊臣ヒデヨシ:松本寛也
巴御前:内山智絵
ぬらりひょん:川本裕之
そうりだいじん:岩田有民

ピピ:加藤良子
悪の秘密結社の大首領:丸山敦史
黒い全身タイツの男:長谷川太郎

トクガワイエヤス:大高洋夫

ナレーション:神谷浩史

ステージナタリーをフォロー