ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

iaku「ハイツブリが飛ぶのを」避難所を舞台に“初老の愛”描く

28

iaku「ハイツブリが飛ぶのを」告知ビジュアル。左から平林之英、阪本麻紀、緒方晋、佐藤和駿。

iaku「ハイツブリが飛ぶのを」告知ビジュアル。左から平林之英、阪本麻紀、緒方晋、佐藤和駿。

iaku「ハイツブリが飛ぶのを」が、10月に東京、11月に大阪で上演される。

廃屋と化した仮設住宅のある避難所が舞台の本作。戻らない夫を待つ主人公のもとに被災者の想い出を絵にする絵描きや家族の遺体を捜す青年、そして夫を名乗る男が現れ……。

脚本を手がける主宰の横山拓也は本作について、「大水害の後に暮らしていた仮設住宅が噴火の被害に遭うという複合的なダメージを受けた人物の孤独な生活における、愛と芸術について描きたいと思っている。描く愛は、初老の愛」とコメントを寄せている。演出は上田一軒が担当。

キャストには烏丸ストロークロックの阪本麻紀、sundayの平林之英、The Stone Ageの緒方晋、ドキドキぼーいずの佐藤和駿が名を連ねている。公演は10 月19日から24日まで東京・こまばアゴラ劇場、11月2日から6日まで大阪・ウイングフィールドにて。チケットは9月2日10:00に販売を開始する。

iaku「ハイツブリが飛ぶのを」

2017年10月19日(木)~24日(火)
東京都 こまばアゴラ劇場

2017年11月2日(木)~6日(月)
大阪府 ウイングフィールド

脚本:横山拓也
演出:上田一軒
出演:阪本麻紀、平林之英、緒方晋、佐藤和駿

ステージナタリーをフォロー