ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「のど自慢」A.B.C-Z河合郁人、森昌子の“キュンキュンポイント”明かす

92

左から井筒和幸、森昌子。(撮影:加藤孝)

左から井筒和幸、森昌子。(撮影:加藤孝)

「音楽喜劇『のど自慢』~上を向いて歩こう~」が昨日6月29日に東京・東京国際フォーラム ホールCにて開幕。これに先がけ、ゲネプロと囲み取材が昨日行われた。

本作は、1999年に公開された井筒和幸監督の映画「のど自慢」をベースにした音楽喜劇。人気テレビ番組「のど自慢」に出場しようと奮闘する人々の姿が描かれ、デビューしたものの売れない演歌歌手・赤城麗子役を森昌子、赤城のマネージャー・須谷保役を河合郁人A.B.C-Z)、赤木の妹・しずか役を湖月わたる、須谷の許嫁・立花景子役を上原多香子が務める。脚本・演出を手がけるのはモトイキシゲキ。また劇中では、森の「せんせい」や「越冬つばめ」をはじめとした名曲の数々が披露される。

囲み取材には森、河合、井筒が出席。32年ぶりに舞台の主演を務める森が「緊張します」「共演者の皆さんが親切に介護してくださるから……」と恐縮すると、すかさず河合が「エスコートです、エスコート!」と笑顔でフォロー。また森演じる演歌歌手の名前と実の母親の名前が、同じ“レイコ”だという河合は「『麗子さん』って言うたびに母親の顔が出てきたんですけど、だんだん母のレイコを超えていきましたね」と話し、会場の笑いを誘う。

さらに河合は「僕が言うのもおこがましいですが、森さんが甘えてくるシーンがものすごくかわいくて……キュンキュンポイントです!」と熱弁。一方の森も「河合くんもとても頼りになるマネージャーで、暗転して真っ暗になると、サッと肩を抱いてスッと連れて行ってくれるんです。ドキッとしちゃいますね」と舞台裏でのエピソードを明かした。

原作となった映画でメガホンを取った井筒は「こんなにあっという間の楽しい3時間はない。いい気晴らしになるのでぜひ観てほしい」とアピール。そして河合は、劇中で森が「越冬つばめ」を披露するシーンに言及し、「歌ってすごいなと思いました。森さんの歌を初めて稽古場で聞いたとき、本当に涙が出た」と振り返った。東京公演は7月4日まで。その後、7月22日から24日まで兵庫・新神戸オリエンタル劇場、8月12日から18日まで愛知・中日劇場にて上演される。

映画「のど自慢」井筒和幸監督作品より「音楽喜劇『のど自慢』~上を向いて歩こう~」

2017年6月29日(木)~7月4日(火)
東京都 東京国際フォーラム ホールC

2017年7月22日(土)~24日(月)
兵庫県 新神戸オリエンタル劇場

2017年8月12日(土)~18日(金)
愛知県 中日劇場

原作:映画「のど自慢
監修・演出:井筒和幸
脚本・演出:モトイキシゲキ
出演:森昌子河合郁人A.B.C-Z) / 湖月わたる上原多香子、寺西拓人(ジャニーズJr.) / 小川菜摘 / 藤井びん、川谷修士2丁拳銃)、小堀裕之(2丁拳銃)、高山和之、優志、内河啓介 黒田こらん、Raychell、井元まほ、大入袋舞、七尾カンナ / モロ師岡(東京、愛知公演のみ)、天宮良 / 前田吟
特別出演:生島ヒロシ、牧野尚之

ステージナタリーをフォロー