春野寿美礼がCD発売記念コンサート「宝塚の男役は抜けない、抜きたくない!」

134

春野寿美礼が1月22日に東京・よみうり大手町ホールにてCDアルバム「想(そう)~スミレノーツ~」の発売記念コンサートを行った。

春野寿美礼CDアルバム「想(そう)~スミレノーツ~」発売記念コンサートより。(撮影:高樹涼子)

春野寿美礼CDアルバム「想(そう)~スミレノーツ~」発売記念コンサートより。(撮影:高樹涼子)

大きなサイズで見る(全6件)

春野寿美礼CDアルバム「想(そう)~スミレノーツ~」生産限定盤ジャケット

春野寿美礼CDアルバム「想(そう)~スミレノーツ~」生産限定盤ジャケット[拡大]

春野にとって、約6年ぶりのニューアルバムとなった「想(そう)~スミレノーツ~」。新曲「黄昏に傷ついて」とカップリング曲「愛に守られて」のほか、8曲が収録されている。コンサートでは、まずオープニングで「ハナミズキ」を披露。そして「7月に双子の女の子を出産して、ちょうど6か月。ぐんぐん成長して元気です。ミュージカルを降板したり、ご心配をおかけしましたが、待っていてくださり、ありがとうございました」と挨拶した春野は、前半は新作からのレパートリーを中心に熱唱。中盤では「黄昏に傷ついて」「時の流れに身をまかせ」などを歌い、後半は「Feeling Good」「コパカバーナ」など、ジャズやラテンナンバーをダンスを交えて披露した。

春野寿美礼CDアルバム「想(そう)~スミレノーツ~」発売記念コンサートより。(撮影:高樹涼子)

春野寿美礼CDアルバム「想(そう)~スミレノーツ~」発売記念コンサートより。(撮影:高樹涼子)[拡大]

そして「2017年は宝塚を退団してから10年の節目となります。つい一昨日まで、『エリザベート・ガラコンサート』では死神トート(男役)を演じていましたが、宝塚の男役は抜けない、正直、抜きたくない!と思いました。私にはこれしかない、これがなければ春野寿美礼ではないと確信しましたので、これからも大切にしていきます」と挨拶し、コンサートを締めくくった。

この記事の画像(全6件)

春野寿美礼のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 春野寿美礼 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします