ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

櫻井圭登「『艶漢』の世界に巻き込む」、ダンスやふんどしの巻き方講座も

755

下段左から林野健志、田上真里奈、三上俊、櫻井圭登、末原拓馬、羽場涼介、堀越涼、小槙まこ。上段左から生田麗恵、亀岡菜花、肥田野好美、Daggle KOMEI、田辺銀冶、小野茉衣子、久保田真理、林祐衣。

下段左から林野健志、田上真里奈、三上俊、櫻井圭登、末原拓馬、羽場涼介、堀越涼、小槙まこ。上段左から生田麗恵、亀岡菜花、肥田野好美、Daggle KOMEI、田辺銀冶、小野茉衣子、久保田真理、林祐衣。

「歌謡倶楽部『艶漢』」が、本日8月19日に東京・サンシャイン劇場で開幕。公演に先がけ、公開ゲネプロと囲み取材が行われた。

本作は、尚月地によるマンガ「艶漢」が原作。舞台版の脚本・演出を伊勢直弘が務め、妖艶な傘職人・詩郎と熱血正義漢の巡査・光路郎を中心とした物語が展開する。“歌謡エンタ―テイメントショー”と銘打たれた今作では芝居に加え、キャストたちがポップス、ラップ、演歌などさまざまな楽曲にあわせてダンスを披露。さらにジャグリングや講談のパフォーマンス、ふんどしの巻き方講座も見どころとなっている。

ゲネプロ後の囲み取材に応じたのは、吉原詩郎役の櫻井圭登、山田光路郎役の末原拓馬、吉原安里役の三上俊、六口役の田上真里奈、山田アグリ役の小槙まこ、荒上三郎太役の羽場涼介、早乙女水彦役の堀越涼のほか、日替わりゲストとして本日の公演に出演した橘伸三役の林野健志。主演を務める櫻井は「今回の舞台をみなさんと共有して楽しんでいきたい。サンシャインシティ全体を『艶漢』の世界に巻き込みます」と語り、「体重がすごく落ちたので、脱ぐシーンで注目していただけたら」と自信を見せた。

三上は過去作を振り返り、「前作とは180度違うベクトルで生まれた作品だと思います。期待してくださってる方をいい意味で裏切って度肝を抜きたい」とコメント。さらに「安里としては喘ぐ、脱ぐとやってることは変わりないのでお楽しみいただけると思います」と艶やかな演技への期待を煽る。また末原も「前作では暗いところがあったり、精細なところを攻めたりしたんですけど、今回は楽しく元気になってもらうことを意識しました」と今作にかける思いを明かした。

堀越は「舞台で歌を歌った経験はほとんどないんですけど」と緊張の面持ちを覗かせながらも、「せめて初日は大きい声で歌いたいです」とアピール。田上は「今回は登場人物の個性や関係性のエッセンスを抽出した舞台になっている」と本作の見どころを挙げ、「我々キャストはドヤ顔でパフォーマンスしていくので、お客さんも引かずに前のめりになって観てほしい」と観客にメッセージを送った。公演は8月21日まで。なお本公演のDVD、CD化が決定。会場物販またはオンラインショップCLIE-TOWNにて予約を受け付けている。

また本日スタートした原作のイラスト展「艶漢ワンダーランド」の一環として、8月22日に東京・池袋アカデミーホールで「艶漢ワンダーランド アフタートーク・ショー」が開催。本公演の千秋楽を前日に終えた櫻井、三上に加え、原作者の尚が登壇する。

「歌謡倶楽部『艶漢』」

2016年8月19日(金)~21日(日)
東京都 サンシャイン劇場

構成・演出:伊勢直弘
コレオグラファー:當間里美
楽曲制作:大石憲一郎

キャスト

吉原詩郎:櫻井圭登
山田光路郎:末原拓馬
吉原安里:三上俊

六口:田上真里奈
山田アグリ:小槙まこ
荒上三郎太:羽場涼介
早乙女水彦:堀越涼

ゲスト

橘伸三:林野健志(8月19日19:00回)
瓜生夏月:伊崎龍次郎(8月20日13:00、18:00回)
瓜生冬陽:倉貫匡弘(8月20日18:00、21日16:00回)

「艶漢ワンダーランド アフター・トークショー」

2016年8月22日(月)
東京都 池袋アカデミーホール

出演:尚月地、櫻井圭登、三上俊 ほか

(c)尚月地/新書館 (c)2016尚月地・新書館/幻灯署活劇支部

ステージナタリーをフォロー