ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

宝塚月組次期トップスター珠城りょう、「グランドホテル」で大劇場お披露目

57

宝塚歌劇月組が、2017年1月から3月まで、兵庫・宝塚大劇場、東京・東京宝塚劇場にて、「ザ・ミュージカル『グランドホテル』」「モン・パリ誕生90周年 レヴューロマン『カルーセル輪舞曲(ロンド)』」を2本立てで上演する。

月組の新たなトップスター・珠城りょうにとって、本拠地の宝塚大劇場でのお披露目となる本公演。なお珠城は10月の東京・文京シビックホールで開幕する公演「アーサー王伝説」から、月組トップとして出演する予定だ。

「グランドホテル」は、1928年のベルリンを舞台に高級ホテルを訪れた人々が繰り広げる人生模様を描くミュージカル。1989年にトミー・チューン演出・振付でブロードウェイにて初演され、トニー賞を5部門で受賞するなど高い評価を受けた。トム・サザーランド演出による公演が、4月28日まで愛知・愛知県芸術劇場 大ホール、5月5日から8日まで大阪・梅田芸術劇場 メインホールにて目下行われている。宝塚歌劇団では1993年、涼風真世を中心とした月組がチューンを演出・振付に迎えて上演した。

一方「レヴューロマン『カルーセル輪舞曲(ロンド)』」は、日本初のレビュー「モン・パリ」の誕生90周年を記念して作られた華やかな作品。作・演出は稲葉太地が担当する。

本作は、宝塚大劇場では2017年1月1日から30日まで、東京宝塚劇場では2月21日から3月26日まで上演。前売りチケットは、兵庫公演が2016年11月26日に、東京公演が2017年1月15日に発売される。

宝塚歌劇月組 ザ・ミュージカル「グランドホテル」 、モン・パリ誕生90周年 レヴューロマン「カルーセル輪舞曲」

2017年1月1日(日)~1月30日(月)
兵庫県 宝塚大劇場

2017年2月21日(火)~3月26日(日)
東京都 東京宝塚劇場

ザ・ミュージカル「グランドホテル」

脚本:ルーサー・デイヴィス
作曲・作詞:ロバート・ライト、ジョージ・フォレスト
オリジナル演出・振付・特別監修:トミー・チューン
演出:岡田敬二、生田大和
翻訳:小田島雄志

モン・パリ誕生90周年 レヴューロマン「カルーセル輪舞曲」

作・演出:稲葉太地

出演:珠城りょう愛希れいか ほか

ステージナタリーをフォロー