ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

菊田一夫演劇賞授賞式でそれぞれ舞台愛語る、花總まり「迷うことなく演じる道を」

595

第41回菊田一夫演劇賞授賞式の様子。左から竜真知子、小川絵梨子、ソニン、駒田一、梅沢昌代、花總まり。

第41回菊田一夫演劇賞授賞式の様子。左から竜真知子、小川絵梨子、ソニン、駒田一、梅沢昌代、花總まり。

第41回菊田一夫演劇賞の授賞式が、本日4月18日に都内で行われ、受賞者の花總まり梅沢昌代駒田一ソニン小川絵梨子、竜真知子が出席した。

大賞に輝いた花總は、「『エリザベート』という役は、私にとりましても本当にかけがえのない役です。宝塚での日本初演から20年たった今、もう一度この作品にエリザベートという役で再チャレンジする機会を与えてくださいました、すべての方々に感謝の気持ちでいっぱいです」と受賞作への思いを述べ、「こんなに大きな素晴らしい賞をいただいたので、これからは迷うことなく、演じる道をがんばっていかなくてはと実感しております。これからも日々精進してまいります」と挨拶した。

続いて演劇賞を受賞した梅沢、駒田、ソニン、小川が挨拶。梅沢は「大好きな『ピアフ』という作品の再々演。トワーヌの貧しさ、品のなさ、たくましさ、情の深さ、そういった点をもっと細かく演じられたらと努力した次第です。評価していただけたことを大変うれしく思います」と笑顔で語り、「舞台というものは1人で作れるものではありません。細かい演出の栗山民也さん、毎回いろんな球を投げてくれるピアフ役の大竹しのぶさん、そして仲間たち。何十人分もの勇気をいただいて、毎回舞台に立てたことを心から感謝しています」と関係者への謝辞を述べる。

「ミュージカルをやっている人間にとって、正直一番欲しかった賞です。いつも妄想を抱いてました。こうやって賞をとって演説することを」と会場に訴え、笑いを誘ったのは駒田。「社長から『おめでとう!よかったね!』と電話があって、うおーっと叫びながら、ツルっと涙が出た」と感動的に語り、受賞に際する心からの喜びを口にした。

授賞式後すぐに東京・帝国劇場での「1789 -バスティーユの恋人たち-」マチネ公演出演を控えていたソニンは、「演劇で賞をいただくのはこれが初めてのことです。自分はこのような大きな賞に縁のない者だと思っていました。あらゆる理由で。もともと演劇出身でもありませんし、未熟な頃から舞台に立たせていただいて、まさかこのような日が来るとはまったく想像をしていませんでした」と声を震わせながら挨拶。「でもいつかは、たくさんの人に認めてもらうだけの力を受けて賞を与えていただければなと思っていました。まさかこんなに早く実現するとは思っていなく、胸がいっぱいです」と涙ぐむ。

また小川は「信念を持ちつつ謙虚に、感謝を持ちながら演劇を続けていきたい」とコメント。そして特別賞を受けた竜が「表に出なくても、たくさんの方々が演劇を愛し、舞台を支え、情熱をもってお仕事をしていらっしゃる。その黒子のひとりとして、今日来られたことを改めてうれしく思っております」と述べ、授賞式は締めくくられた。

式典後に行われた囲み取材では、花總が6~10月に再び演じる「エリザベート」について改めてコメント。「このように素晴らしい大きいな賞をいただいてしまったので、今年また再チャレンジするのに少しプレッシャーがあるんですけども」と謙遜しつつ、「気負うことなく、もう一度エリザベートの素晴らしさを見つめ直して、去年よりもっと自然に、エリザベート自身の奥深さを表現できるようになったらいいなと思っています」と意気込みを見せた。

第41回菊田一夫演劇賞

菊田一夫演劇大賞

花總まり(「エリザベート」におけるエリザベート役の演技に対して)

菊田一夫演劇賞

梅沢昌代(「ピアフ」のトワーヌの役の演技に対して)
駒田一(「ラ・マンチャの男」のサンチョ、「レ・ミゼラブル」のテナルディエ、「ダンス オブ ヴァンパイア」のクコールの役の演技に対して)
ソニン(「RENT」のモーリーン、「トロイラスとクレシダ」のクレシダ、「ダンス オブ ヴァンパイア」のマグダの役の演技に対して)
小川絵梨子(「夜想曲集」「RED」「スポケーンの左手」の演出に対して)

菊田一夫演劇賞特別賞

竜真知子(永年のミュージカルにおける訳詞の功績に対して)

ステージナタリーをフォロー