MU、過去の人気上演作とフライヤーで短編演劇の軌跡をたどるイベント開催

52

ハセガワアユム率いるMUが、4月21日から5月2日まで、東京・東京芸術劇場 アトリエイーストにて、イベント「MU、短編演劇のあゆみとビジュアル展」を開催する。

「MU、短編演劇のあゆみとビジュアル展」ビジュアル

「MU、短編演劇のあゆみとビジュアル展」ビジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

「戦争に行って来た」ビジュアル

「戦争に行って来た」ビジュアル

約8年の活動で30編以上の短編を発表してきたMU。本イベントでは、そのフライヤー、ポスター、戯曲、舞台写真、小道具、衣装、書き込みでぼろぼろになった台本などを展示する。また、戦場カメラマン率いる反戦団体が、雑居ビルの事務所でフレンチデュオに反戦歌をオファーする会話劇「戦争に行って来た」をはじめ、会社で肩身の狭い喫煙族たちが談笑する「その好きは通らない」、同人誌を描いている腐女子と漫画家が格闘し、行き着く果てを描いた「MY SWEET BOOTLEG」の3編を上演する。

「その好きは通らない」ビジュアル

「その好きは通らない」ビジュアル

ハセガワは短編戯曲を通して自身が打ち出したいメッセージを凝縮して伝えたいと言い、「短編は劇団の過去作品を知ってもらうのにちょうどいいサイズ。漫画家とBL同人作家の対決など親近感の持てるテーマを多く設けました。ナタリーっ子たちが舞台芸術や小劇場に触れてくれるのを心から待っています」とコメントしている。

なお、MUは2016年10月に東京・三鷹市芸術文化センター 星のホールにて、新作の上演が決定している。

ハセガワアユムコメント

ナタリーの大山卓也くんは昔からMUを見てくれてるんだけど、『少年を銃を抱く』を観に来てくれて「大傑作」と太鼓判くれたあとに「もっと売れるべき!(大意)」の言葉を直にもらい、いつだってその準備はできているMUです。テーマが漫画家対BL同人作家の対決だったり、ナタリーが好きそうなテーマだと思います!ぜひナタリーっ子たちが舞台芸術や小劇場に触れてくれるのを心から待っています。

※記事初出時、本文の内容に一部誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

この記事の画像(全4件)

MU、短編演劇のあゆみとビジュアル展

2016年4月21日(木)~5月2日(月)
東京都 東京芸術劇場 アトリエイースト

戦争に行ってきた / その好きは通らない

作・演出:ハセガワアユム
出演:青木友哉、古市みみ、福原冠井神沙恵村上航、加藤隆浩、三原一太、大森茉利子

MY SWEET BOOTLEG

作・演出:ハセガワアユム
出演:古屋敷悠、小崎愛美理蒻崎今日子、モリサキミキ、太田守信、成川知也

リンク