ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

TEAM-ODAC公演に崎本大海が出演、「もがく姿を心をこめて演じたい」

225

“笑って泣ける高校野球のようなストレートなお芝居”をモットーに掲げる劇団TEAM-ODACが、3月16日から20日まで、東京・全労済ホール/スペース・ゼロにて「saigoノbansan(2016)」を上演する。

「saigoノbansan(2016)」は、ある隕石の落下により「世界の終焉」が予告され、混乱に陥った社会が舞台。動揺しつつも、人々は残された時間をいかに過ごすか、最後に何を食べたいかを考え始め……。

上演にあたり、出演者の1人である崎本大海からステージナタリーに寄せられたコメントは以下の通り。

崎本大海コメント

今回演じる悠斗という人物は、失敗や過ちのせいで自分を見失ってしまう、少しかっこ悪い人間です。しかしそこが人間らしい。
弱さを認めて自分と向き合い、もう一度強くあろうともがく姿を、心をこめて演じたいと思います。

劇団TEAM-ODAC「saigoノbansan(2016)」

2016年3月16日(水)~20日(日)
全労済ホール/スペース・ゼロ

脚本・演出:笠原哲平
出演:崎本大海近野成美、西原健太、前田亜美中塚智実、若林倫香、軽辺るか、堂本翔平、田口涼山本学、松島勇之介、別所ユージ、中太花梨、星乃まおり、関谷樹愛瑠、松本唯、佐々木雄治、稲垣成弥榊原徹士明星真由美
殺陣衆:片山徳人、塩野圭 ほか

ステージナタリーをフォロー