唐橋充

ケイコレ〜稽古着ファッションをお届け〜 Vol.41 [バックナンバー]

唐橋充は暑がりだからこそ着込む

決め手はハラマキ!

1041

ステージナタリーがお届けする稽古着コレクション、略して「ケイコレ」。この連載では、本番を目前に控えた舞台人にダイアリー形式で自身の稽古着を披露してもらい、おしゃれな共演者、いつか手に入れたいアイテムなどを教えてもらう。

第41回に登場するのは、硬派な役どころからコミカルなキャラクターまでを幅広く演じる唐橋充。唐橋は近年、「最遊記歌劇伝」シリーズ舞台「戦国BASARA」シリーズ「舞台 刀剣乱舞 維伝 朧の志士たち」などの舞台作品、特撮ドラマをはじめとした数々の映像作品でその存在感を光らせている。またイラストレーターとしても活動し、2018年にはミシエル・カーラー名義で絵本「ナミダロイド」を出版。ジャンルをまたいで才能を発揮するアーティストだ。

そんな唐橋は現在、マンガ「バクマン。」の舞台化作品「『バクマン。』THE STAGE」の稽古中。今回、「週刊少年ジャンプ」の編集長・佐々木尚役を演じる唐橋は、どのようなファッションで稽古に励んでいるのか? 稽古着へのこだわりや作品の見どころについて、“唐橋節”を交えて語ってもらった。

Day1

9月初旬、ひどく寒い日が続いています。イチローさんが企画に参加されたというMIZUNO(ミズノ)のアップスーツで体を温めます。機能の違う2着をそれぞれ、パンツは熱がこもらないウィンドブレーカー素材、シャツはホカホカ(汗びっしょり)の吸湿発熱素材を、バラで着ているので上下で色が違います。胸元にはチビが貼ったア○パ○マ○の「よくできました」シールが光ります。

上下で異なる素材のアップスーツ。ピンク、ブルー、イエローの差し色がビビッド!

上下で異なる素材のアップスーツ。ピンク、ブルー、イエローの差し色がビビッド!

Day2

ダンスの振付日。SKINS(スキンズ)A400で全身をコンプレッションして、HOKA ONEONE(ホカオネオネ)のシューズで地面をやわらかに。ZAMST(ザムスト)で最も幅広のZW-7で腰周りを“アストロン化”させます。これであなたも刀で舞えます。ちなみに、SKINSは2019年に販売を終了しているため現在入手は困難。A400情報、お待ちしております。

運動量が多いダンス稽古の日は“戦闘力”高めのコーデ。

運動量が多いダンス稽古の日は“戦闘力”高めのコーデ。

Day3

暑がりなのですぐ汗をかきます。汗をかくとお腹が冷えてすぐにお腹を壊すので、ハラマキを1・2枚。すると冗談みたいに汗が止まらなくなるので、どれだけ汗をかいても汗冷えしない、女王様でおなじみの網タイツの“シャツバージョン”みたいな、登山家御用達、MILLET(ミレー)ドライナミックメッシュを着込みます。暑がりだから着込むのです。あまり理解されません。

ハラマキで冷え対策バッチリ! 目元はゴーグルで保護。

ハラマキで冷え対策バッチリ! 目元はゴーグルで保護。

稽古着におけるこだわりは?

本番衣装と色も素材もなるべく近いもの。時代物ならお着物ですし、現代劇なら時にはスーツやジーパンで稽古したほうが絶対的に良いと思います。思いますが、ジーパンで稽古している方を見たことがないのは、やっぱり心象が良くないからなのでしょう。稽古はやはり稽古着っぽくないと和を乱します。なので、本番とそこそこ色も素材も似ているもの、今回の「『バクマン。』THE STAGE」では意図的に伸縮性のないパンツで稽古しています。ハラマキが見えすぎているのは、後ろポッケに台本を隠しているからです。セリフは早めに覚えましょう。

「稽古着おしゃれだな!」と思う共演者は誰ですか?

片桐仁さん。仁さんの私服は絵本の世界から飛び出してらしたような、トラディショナルの中にかわいらしさを足して、それを万華鏡でのぞいたような、そんな素敵なコーディネートでいらっしゃいます。ですので、今日の仁さんの稽古着はどんなだろうと、稽古場に行く楽しみの1つになっていますが、このところTシャツ1枚(もちろんかわいい)、下はジャージー、という、至ってシンプルなスタイルでらっしゃいます。ワケをうかがうと、「だって“稽古”でしょう?」とひと言。ソコに割く時間とカロリーがあったら稽古にぶつけましょうよ、とおっしゃったような気がしてなりません。本当のおしゃれな方がそう言うところがカッコいいのであります。

いつか手にしたい憧れの稽古アイテムは?

年間通して私のお腹に必要な件の愛用ハラマキは、かつてワコールで販売していたもの。しかし、こちらも現在生産中止。コールセンターに電話しても再販の予定なしと言われました。アクリル55%、ナイロン25%、毛10%、ポリエステル5%、ポリウレタン5%のおすすめハラマキ情報、お待ちしております。

「『バクマン。』THE STAGE」で特に注目してほしいのはどんなところ?

全員が息つく暇なしの団体戦。演出家・ウォーリー木下さんの珠玉のアイデアと、夢のようなキャスティングに毎日がまぶしく、しかし自分がこの中でご期待に添えることはできるのかという不安ない交ぜの、それでも素晴らしく美しいご褒美のような稽古が続いております。幸せをかみ締めながら、体調管理に努めます。がんばりますね。あゝ明日も鈴木拡樹さんに会える。

「『バクマン。』THE STAGE」ビジュアル(c)大場つぐみ・小畑健/集英社・「バクマン。」THE STAGE製作委員会

「『バクマン。』THE STAGE」ビジュアル(c)大場つぐみ・小畑健/集英社・「バクマン。」THE STAGE製作委員会

唐橋充扮する佐々木尚。(c)大場つぐみ・小畑健/集英社・「バクマン。」THE STAGE製作委員会

唐橋充扮する佐々木尚。(c)大場つぐみ・小畑健/集英社・「バクマン。」THE STAGE製作委員会

プロフィール

1977年、福島県生まれ。早稲田大学演劇研究会・劇団Cretan Creteに2000年から2002年の解散まで在籍。少年社中の作品、「最遊記歌劇伝」シリーズ、「おん・すてーじ『真夜中の弥次さん喜多さん』」、舞台「戦国BASARA」シリーズ、「舞台 刀剣乱舞 維伝 朧の志士たち」といった舞台作品で活躍。特撮ドラマ「仮面ライダー555」「ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY」「侍戦隊シンケンジャー」や、「テレビ演劇 サクセス荘3」などの映像作品にも出演している。12月31日には出演映画「映画演劇 サクセス荘」が公開予定。

バックナンバー

この記事の画像(全6件)

関連記事

唐橋充のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 唐橋充 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします