竹中凌平

ケイコレ〜稽古着ファッションをお届け〜 Vol.22 [バックナンバー]

竹中凌平は“汚れてもOK&気分が上がる稽古着”をチョイス

あの劇団のTシャツ、ひそかに狙っています

86

アーティストが稽古着をチラ見せする「ケイコレ」。この連載ではさまざまな舞台人が、数日にわたって自身の稽古着を日記形式で紹介する。またひそかにチェックしている稽古場のファッショニスタ、いつかゲットしたい稽古グッズ、作品の見どころについても聞く。

第22回には、輝く大きな瞳と真っすぐな演技で観客を魅了する竹中凌平が登場だ。大学の入学式でスカウトされた彼は、東京ワンピースタワー「ONE PIECE LIVE ATTRACTION」でモンキー・D・ルフィ役をつかんだことで本格的に俳優活動を開始。以降、多数の2.5次元舞台に出演するほか、新派の朗読劇にゲスト参加したり、2019年には1stシングルをリリースしたりと、活躍の幅を広げている。「『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE」で2018年から沢田綱吉役を務める竹中は今、同シリーズの最終章となる「『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE -episode of FUTURE-」の稽古中。音楽好きの彼らしい、こだわりが詰まった稽古着を見せてくれただけでなく、ひそかに狙っているという、“ある劇団”の公演Tシャツについても教えてくれた。

Day1

この日は肌寒かったので、薄手のコーチジャケットをチョイス。 UNDERCOVERさんのもので、バックプリントが気に入ってます。稽古開始5分で暑くて脱ぎました。

黒いコーチジャケットで防寒対策はバッチリ。バックプリントの赤が鮮やか。

黒いコーチジャケットで防寒対策はバッチリ。バックプリントの赤が鮮やか。

Day2

この日は、白Tをチョイス。アクションが少なく、服が汚れる心配がない日だったので。こちらは岡本太郎記念館で購入したもの。NEW ERAさんとのコラボアイテムです。芸術が爆発した1日でした。

NEW ERAの岡本太郎コラボコレクションから、白いロンTで。ゆるっとしたサイズ感がおしゃれ。

NEW ERAの岡本太郎コラボコレクションから、白いロンTで。ゆるっとしたサイズ感がおしゃれ。

Day3

LAD MUSICIANさんのロンTです。色違い、半袖、パーカーも買いました。洋楽に熱中していた頃「コントロール」という映画を見て、JOY DIVISIONの曲を聴くようになりました。携帯のロック画面も波形のグラフィックです。

ロックバンド・JOY DIVISIONのアルバム「アンノウン・プレジャーズ」ジャケット風のプリントが印象的な黒T。小道具を持ってポーズ。

ロックバンド・JOY DIVISIONのアルバム「アンノウン・プレジャーズ」ジャケット風のプリントが印象的な黒T。小道具を持ってポーズ。

稽古着におけるこだわりは何ですか?

一番は、動きやすさです。あと、転がるアクションが多い場合は必然的に黒が多くなります。汚れても大丈夫で、かつ何となく気分が上がる服のバランスを考えることから1日が始まります。

「稽古着おしゃれだな!」と思う共演者は誰ですか?

ニーコさん。私服も稽古着も唯一無二というか。100m先でも「ニーコさんだ」ってわかるくらい。いつか全身コーディネートしてもらいたいです。あとは、とまんくんやジェイさん(山田ジェームス武)も「おしゃれだなあ」と思って見てます。

いつか手にしたい憧れの稽古アイテムは?

道中でも“ダル着”に見えないジャージとかですね。着替えが面倒なので、稽古着のまま行き帰りできるみたいな。あとは劇団鹿殺しさんの公演Tシャツが毎回おしゃれなので、ひそかに狙っています。

「『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE -episode of FUTURE-」で特に注目してほしいのはどんなところ?

2部構成で“未来編”が収まるのだろうか。台本を拝見して、そんな不安は影を潜めました。「これなら自信を持って届けられる」その確信の中で、毎日ツナを生きています。この作品を愛してくださる全ての方々に、死ぬ気で作品を届けたいと思います。

「『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE -episode of FUTURE-」キービジュアル (c)天野明/集英社 (c)『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE製作委員会

「『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE -episode of FUTURE-」キービジュアル (c)天野明/集英社 (c)『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE製作委員会

プロフィール

1993年、千葉県出身。東京ワンピースタワー「ONE PIECE LIVE ATTRACTION」で、2015年から2016年までルフィ役を担当。以降「2.5次元ダンスライブ『ツキウタ。』ステージ」「夢王国と眠れる100人の王子様 On Stage」「博多豚骨ラーメンズ」「キャッシュ・オン・デリバリー」「SERVAMP-サーヴァンプ」といった舞台作品に出演。2019年にはテレビアニメ「W'z《ウィズ》」のオープニングテーマ「Reason」で歌手デビューを果たし、同作の舞台版にも出演した。今年2021年1月には1stアルバム「Juvenile」をリリース。2022年2・3月には「『あんさんぶるスターズ!THE STAGE』-Track to Miracle-」が控える。

バックナンバー

この記事の画像(全5件)

関連記事

竹中凌平のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 竹中凌平 / コントロール(2007年) の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします