音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

TAXMAN、米国Fender社とエンドースメント契約

1018

THE BAWDIESのTAXMANが、楽器メーカーの米国フェンダー・ミュージカル・インストゥルメンツ・コーポレーションとエンドースメント契約を締結したことが明らかになった。

「男らしくかき鳴らせるギターであること」という理由から、フェンダー社のテレキャスターを愛用しているTAXMAN。今回の契約により同社は彼のアーティスト活動を全面的にサポートする。なおTAXMANはフェンダー社とエンドースメント契約を結んだ日本人ギタリストのうち最年少となり、「僕の敬愛するギタリストは決まってFENDERを愛用している。その偉大なギタリスト達の背中を追って今のBAWDIESの自分があると思っています。今回の出来事は人生で最高の瞬間。愛するTELECASTERと共にこれからも進み続けます! KEEP ON ROCKIN'!!!!」と喜びをあらわにした。

THE BAWDIESは10月に韓国、台湾、香港を回るアジアツアーを開催。バンドの公式サイトでは8月27日より、チケットとオリジナルグッズが付いたオフィシャルツアーの申込受付を実施する。

音楽ナタリーをフォロー