日笠陽子「Glamorous Songs」を巡る2人の証言

167

声優・日笠陽子が1stアルバム「Glamorous Songs」をリリース。ナタリーPowerPushではこれを記念して日笠のソロインタビューと、アルバムリードトラック「Glamorous days」のPVの監督を務めた、長濱博史と日笠との対談を掲載している。

日笠陽子

日笠陽子

大きなサイズで見る(全5件)

日笠は5月にシングル「美しき残酷な世界」でアーティストデビュー。以来「日笠陽子ソロプロジェクト」と銘打ち、3カ月連続リリース企画を展開している。プロジェクト集大成となる今作「Glamorous Songs」は、日笠が「チーム」と呼ぶスタッフとともにコラボレーションする作家を選出した、その名も「コラボレーションアルバム」。ハードなロックチューンを中心に、小室哲哉や永野椎菜(TWO-MIX)、Tom-H@ckら、豪華クリエイター陣がその個性を最大限に発揮したトラックを高らかに歌い上げている。

さらに日笠は自身が佐伯奈々子役を務めたテレビアニメ「惡の華」の監督・長濱博史ともコラボレーション。彼女が「精神的に同じところにいる」と語る長濱とともに、アルバムリードトラック「Glamorous days」のPVを制作している。その内容は同曲の中に日笠が見た風景が長濱の手によって具現化されたものになっているという。

ソロインタビューで日笠はアルバム制作秘話はもちろん、音楽遍歴、アーティストデビューに踏み切った理由などにも言及。特集後半の対談パートでは日笠と長濱が、なんとも人には説明のしにくい、しかし強固な2人の関係性や、日笠のもとに優れたスタッフやクリエイターが集う理由などを明かしてくれた。

■日笠陽子「Glamorous days」MV SHORT VERSION

この記事の画像(全5件)

関連する特集・インタビュー

日笠陽子のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 日笠陽子 / 小室哲哉 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。