TOTALFAT「自慢の仲間」2400人とツアーファイナル

521

TOTALFATの全国ツアー「Wicked Friends, Be Naked!! Tour 2012」のファイナル公演が、11月23日に東京・Zepp DiverCity TOKYOにて行われた。今年7月からのロングツアーを締めくくるこのライブのチケットはソールドアウト。会場には約2400人のファンが集結し、彼らの27曲にわたる熱いパフォーマンスを楽しんだ。

11月23日に行われたTOTALFATのツアーファイナルの模様(撮影:Masanori [LIVEPHOTOBANK])。

11月23日に行われたTOTALFATのツアーファイナルの模様(撮影:Masanori [LIVEPHOTOBANK])。

大きなサイズで見る(全8件)

11月23日に行われたTOTALFATのツアーファイナルの模様(撮影:Masanori [LIVEPHOTOBANK])。

11月23日に行われたTOTALFATのツアーファイナルの模様(撮影:Masanori [LIVEPHOTOBANK])。

大きなサイズで見る(全8件)

11月23日に行われたTOTALFATのツアーファイナルの模様(撮影:Masanori [LIVEPHOTOBANK])。

11月23日に行われたTOTALFATのツアーファイナルの模様(撮影:Masanori [LIVEPHOTOBANK])。

大きなサイズで見る(全8件)

ライブは1曲目「ROCKERS IN DA HOUSE!!」からスタート。さらに4人は盛り上がり必至のアッパーチューン「PARTY PARTY」を早くも演奏し、「Highway Mark4」の高速ビートでステージとフロアの一体感を高めていく。ライブ序盤とは思えない盛り上がりに、Shun(Vo, B)は「なんだこれは、大変なことになってるぞ!(笑)」と驚きの声を上げ、Jose(Vo, G)も「楽しい時間はあっという間に終わっちまうからな! 後悔と怪我だけはするなよ!」とオーディエンスに呼びかけた。

Kuboty(G)のギターをきっかけに再びフロアが沸いた「Invention ~Good morning, my treasures~」、Bunta(Dr)の激しいドラムが会場を揺らした「Ryan, Don't Worry」と、バンドはその後も観客を熱くさせるナンバーを立て続けにプレイ。そんな狂乱状態から一転し、「Echoes Inside My Memories」ではどっしりとしたリズムに乗せて感動的なハーモニーを響かせ、彼らの豊かな音楽性をアピールした。さらにメタルテイスト満載の「Fat or Die」、L'Arc-en-Cielのトリビュートアルバムに提供した高速カバー「Driver's High」と、タイプの違う楽曲を次々と連発する。この曲の前後ではBuntaのドラムソロやKubotyのギターソロも披露され、それぞれのテクニックや個性を存分にアピールした。

中盤ではJoseが「13年前に作った曲をやります。ここにいる全ての仲間たちに愛を込めて」と紹介し、「NOTHING BUT」を披露。4人それぞれの思いがこもった真摯な演奏を、オーディエンスは全身で受け止める。続くアコースティックコーナーではJoseとShunがスタンドマイクに向かい、KubotyのアコースティックギターとBuntaのカホンに乗せて「Always」と「Story Teller」を披露。普段の激しいステージから一変した温かみのあるパフォーマンスに、観客はじっくりと聴き入っていた。

そしてライブは続く「Just Say Your Word」から最後のパートへ突入。気合の入った演奏に再び熱気が高まり、フロア前方では激しいモッシュとダイブが続く。「World of Glory」「Good Bye, Good Luck」で盛り上がりがピークに達したところで、Shunは「このまま一生やってたいね(笑)」と笑顔を見せ、「これからも前を向いてやっていきます。みんなが苦しいとき、へこんでるときは、俺たちは先に行かずに待ってるから。これからもよろしくお願いします!」とオーディエンスに挨拶。Joseも「これからも最高の音楽人生を歩んでいきましょう!」と話し、本編最後に披露した「The Naked Journey」で、ステージ上とフロアの強い絆が感じられる感動的なフィナーレを作り上げた。

アンコールに応えて4人は再びステージへ戻り、オーディエンスの拍手を浴びる。ここでShunが「今回のツアーをやりながらいろんなことと戦ってきました。そしてバンドを始めたときの気持ちを取り戻すツアーになったと思っています。音楽に対する感謝と、俺たちが信念を持って作るものについてきてほしい、そういう気持ちを込めて作った新曲をやります」と紹介し、新曲「Stable Heart」を演奏した。この曲は切実なメロディを熱いリズムが支える、TOTALFATの新たな広がりを感じさせるナンバー。彼らは思いを込めた力強い演奏で、会場を大いに盛り上げた。

アンコールが終わりに近づくと、Shunは「またライブハウスを出たら、それぞれにとって大変なことが待っていると思います。でもみんなはどこに行っても俺たちの大好きな自慢の仲間です。また必ずライブハウスで会いましょう!」と再会を約束し、ラストナンバー「Good Fight & Promise You」を演奏した。途中のシンガロングでは、Joseが「その声が俺たちの誇りです。ありがとう!」と笑顔でオーディエンスに呼びかける。TOTALFATならではの強烈な熱気と感動、そして全員の笑顔の中、ツアーファイナルは締めくくられた。

TOTALFAT「Wicked Friends, Be Naked!! Tour 2012」
2012年11月23日 Zepp DiverCity TOKYO セットリスト

01. ROCKERS IN DA HOUSE!!
02. PARTY PARTY
03. X-stream
04. Highway Mark4
05. Overdrive
06. Invention ~Good morning,my treasures~
07. Ryan, Don't Worry
08. Summer Frequence
09. Highway Part2
10. Echoes Inside My Memories
11. Fat or Die
12. Driver's High
13. Life Like Movies
14. Dear My Empire
15. NOTHING BUT
16. Always
17. Story Teller
18. Just Say Your Word
19. Friend Never Sucks
20. World of Glory
21. Good Bye, Good Luck
22. Place to Try
23. The Naked Journey
<アンコール>
24. Stable Heart
25. Livin' for The Future
26. Show Me Your Courage
27. Good Fight & Promise You

この記事の画像(全8件)

TOTALFATのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 TOTALFAT の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。