音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「イナズマロック フェス」3万5000人が琵琶湖畔に集結

1186

西川貴教が主催する野外フェスティバル「イナズマロック フェス 2012」が、9月15、16日に滋賀・草津市烏丸半島芝生広場にて行われた。

今回で4回目となる「イナズマロック フェス」は、2008年10月に地元滋賀県の「滋賀ふるさと観光大使」に就任した西川が「音楽を通じて地元に恩返しがしたい」「地元の皆さんと一緒に滋賀県をアピールしたい」という思いでスタートさせたもの。今年は2日合わせて3万5000人の観客が、幅広いジャンルのアーティストによる個性豊かなステージを楽しんだ。

初日はオープニングアクトのSPYAIRからスタートし、氣志團、U-KISS、SCANDALスガシカオJUN SKY WALKER(S)が出演。トリは西川がボーカルを務めるabingdon boys schoolが担当した。西川は「おかげさまで無事第4回を迎えることができました。それも地元や実行委員会のおかげ、そして今日お集まりいただいた皆さんのおかげです」と、このイベントに参加した人々に感謝の言葉を述べた。また、アンコールではL'Arc-en-Cielの「READY STEADY GO」を披露。ここではサプライズゲストとしてTETSUYAが登場し、オーディエンスを驚かせた。

2日目はベッキー♪♯がオープニングアクトを務め、その後清水翔太きゃりーぱみゅぱみゅゴールデンボンバー、ソナーポケット、SOPHIAが出演。トリのT.M.Revolutionのライブにはミゲルがゲスト出演し、西川とともに「チカラにかえて」「消臭力の歌」を披露した。さらにT.M.RevolutionはHOME MADE 家族とのコラボレーションで「Tomorrow Meets Resistance」もパフォーマンスし、会場を沸かせた。

西川は2日間を振り返り、このフェスについて「地元の人が『がんばってね』『やってくれてありがとう』と言ってくれるのがうれしい」と語る。さらに「自分が夢中になっていること、必死にやっている姿をまっすぐに届けるだけ」と、今後も「イナズマロック フェス」に全力を注ぐことを誓った。

音楽ナタリーをフォロー