音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

BUMP OF CHICKEN新曲「firefly」武井咲主演ドラマ主題歌に

3745

BUMP OF CHICKENの新曲「firefly」が、明日7月10日(火)より放送されるフジテレビ系ドラマ「息もできない夏」の主題歌に起用された。

これは、番組の編成担当者から「自身が無戸籍だったという驚愕の事実に苛まれる主人公と、それを取り巻く人々との間に繰り広げられる物語の主題歌に、BUMP OF CHICKENの楽曲の世界観がどうしても必要」と熱いオファーを受けたことが縁。話を受け、既に書き上げられていた「firefly」を聴かせたところ、楽曲が発信するメッセージやそのサウンドがドラマとリンクしているということで、主題歌として使用されることになった。なお、BUMP OF CHICKENがドラマ主題歌として新曲を提供するのは初。

また、「息もできない夏」の脚本を手がける渡辺千穂は、2002年夏に放送されたドラマ「天体観測」のセカンドライターとしてドラマデビューを飾った人物。このドラマは、BUMPの名曲「天体観測」の世界観をもとに制作され、劇中でも同曲を含め多くのBUMPの楽曲が使用されていた。約10年ぶりのBUMP×渡辺のタッグによりどのようなストーリーが紡がれるのか、期待が高まる。

「firefly」は、9月12日にバンドの23枚目のシングルとしてリリース。これに先駆け、7月11日0:00からはレコチョクにて着うたおよびRBTの先行配信がスタートする。

ドラマ「息もできない夏」はある日突然「無戸籍」であることを知らされた少女と、贖罪のために生きる男性が出会ったことで展開される、愛を描く物語。主人公の少女・谷崎玲を武井咲が、相手役の男性・樹山龍一郎を江口洋介が演じるほか、木村佳乃、中村蒼、要潤、浅田美代子、北王子欣也といった面々が出演する。

BUMP OF CHICKENコメント

僕達は今アリーナツアーの真っ最中で、全国各地で暖かいお客さん達と時間を共有して充実した日々を送っています。そんな中、新しい曲が生まれレコーディングしました。早く皆さんに聞いて頂きたいです。

武井咲コメント

夏に口ずさむのにぴったりな爽やかさがあって、玲の背中を後押ししてくれる前向きな曲だなと思い、私も頑張ろう!と思えました!

フジテレビ編成企画太田大コメント

BUMP OF CHICKEN、および「firefly」をドラマ主題歌に選んだ理由

BUMP OF CHICKENの音楽は、全て映像が浮かぶものであり、企画自体にインスパイアを与えてくれるものだと思っていました。今回もドラマの企画が決まった段階から、BUMPさんに主題歌をお願いしたいと思ってオファーしました。曲の起用理由は、まだドラマのオファーのお話をする直前で藤原さんが書かれた歌詞が、このドラマの主人公である苦境に立ち向かう少女のことを謳っているとしか思えないような内容であったという、感動的な偶然の一致があり、即決でお願いいたしました。

BUMP OF CHICKENを主題歌に、Adeleを劇中歌に選んだドラマ全体としての意図

音楽はドラマ全体の顔つきを構築する大切な要素だと思いますが、今回は、自分に戸籍がないことを知り家族の秘密や世間の冷たさに立ち向かっていく孤独な少女と、罪を背負った男との切ないカップリングを彩るうえで、Adeleさんの苦境の中でも立ち向かっていく強さを感じさせる情熱的な歌声で始まり、BUMPさんの苦しくても続いていく日々の中で一筋の光が差し込むような希望を感じる歌声で締めくくることができたら本望だと思い、このような起用をさせて頂きました。

楽曲「firefly」を聴いたときの感想

サビの歌詞を聞いたときに、先述のように、苦境の中でも前に進んでいくこのドラマの主人公のことを120%謳っているのだと思いました。そしてこちらの企画段階と同時期に藤原さんがそのような歌詞を書かれていたことを知り、この偶然の一致にとても感動しました。

楽曲「firefly」をドラマに乗せたときの感想

ドラマのモチーフに、抜けるような青空と果てしなく続く砂漠をイメージとして使用しているのですが、エンディングのタイトルバックに乗せた際に、世界観が合致しているのはもちろん、ドラマで伝えきれなかったことを代弁してくれているようにも感じました。

※記事初出時より一部コメントに変更がありました。

音楽ナタリーをフォロー