音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

パスピエ、初インストアでライブ初披露含む全6曲熱演

138

昨日6月30日、パスピエが東京・タワーレコード渋谷店 B1 STAGE ONEにてニューアルバム「ONOMIMONO」の発売記念インストアライブを開催した。

この日はレコ発ライブということで、アルバム購入者を招待し、ステージでは「ONOMIMONO」収録曲中心のセットリストを展開。序盤はアルバムの曲順どおり「トロイメライ」「デモクラシークレット」で勢い良く始まり、ステージのセンターにいる成田ハネダ(Key)は「こんばんは、パスピエです。今日は僕らにとっても皆さんにとっても特別な日になればと思ってます」と挨拶した。

続いては、ライブ初披露となる「気象予報士の憂鬱」、ミサワマサヒロ(G)のソロフレーズが印象的な「プラスティックガール」を演奏。メンバーたちは立ったり、しゃがんだり、手拍子を促したり、前方に出てオーディエンスを煽ったりしながら、CD音源とはひと味違う熱の伝わるプレイを繰り広げる。そして大胡田なつき(Vo)は柔和な語り口で「皆さん、アルバムは全曲聴いてくれましたか? パスピエ、次で最後の曲です。今日はありがとう。それではまたお会いしましょう。『最終電車』」と話し、切ない歌詞のアッパーチューン「最終電車」で本編を締めた。

その後、観客の拍手に応えて実現したアンコールでは、前作「わたし開花したわ」より「電波ジャック」を披露。40分弱という短い時間ながら、パスピエはバンドの成長を確かに感じさせる、充実したパフォーマンスで場内を盛り上げた。なお、ナタリーPower Pushではパスピエ「ONOMIMONO」特集を展開中。成田と大胡田へのインタビューや、大胡田のイラストギャラリー、パスピエのライブ情報などを掲載している。

パスピエ「ONOMIMONO」リリース記念インストアライブ
2012年6月30日@タワーレコード渋谷店 B1 STAGE ONE セットリスト

01. トロイメライ
02. デモクラシークレット
03. 気象予報士の憂鬱
04. プラスティックガール
05. 最終電車
<アンコール>
06. 電波ジャック

関連する特集記事

パスピエ「ONOMIMONO」インタビューPR

音楽ナタリーをフォロー