音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

柚木&アイゴン初ソロアルバムの詳細が明らかに

EL-MALOの柚木隆一郎と會田茂一がそれぞれ初のソロアルバム「NEVAEVA」「SO IT GOES」を6月18日に同時リリース。この作品の収録内容が明らかになった。

柚木のセルフプロデュースにより制作された「NEVAEVA」には、共同プロデューサーとして石橋英子、AxSxE、高井康生の3名が参加。さらにスペシャルゲストとして、Cornelius曽我部恵一が加わっている。

アルバムには、彼にとっての「洋楽原体験」だという映画「ウエスト・サイド・ストーリー」サウンドトラックからのカバー「COOL」や、石橋英子のピアノのみをバックに歌われた「Leavin' Waltz」など全14曲を収録。乱暴さと繊細さを兼ね備えた、柚木の希有なセンスがちりばめられた作品に仕上がった。

一方、會田茂一のアルバム「SO IT GOES」には、ゲスト参加のロブ・クロウ(from PINBACK)が歌う「SO IT GOES」のボーカルトラック以外、すべての楽器&ボーカルを會田自らが担当した12曲を収録。これまでさまざまなアーティストとの他流試合を繰り広げてきたアイゴンのパーソナルな世界観を楽しむことができる内容だ。

リリース後に開始するアイゴンのソロツアー「おれふたり+まいなす」は、堂島孝平、大森はじめ(東京スカパラダイスオーケストラ)をメンバーに迎え、全国5都市で開催。なお、柚木のリリース後のライブ活動は現在のところ未定となっている。

音楽ナタリーをフォロー