音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

L'Arc-en-Ciel世界ツアー、初日香港で1万人が熱狂

1830

L'Arc-en-Cielのワールドツアー「L'Arc-en-Ciel WORLD TOUR 2012」初日公演が、昨日3月3日に香港Asia Wolrd EXPO ARENAにて行われた。

彼らが海外でツアーを開催するのは、2008年の「TOUR 2008 L'7 ~Trans ASIA via PARIS~」以来約4年ぶり。今回は世界10カ国を巡る、バンド史上最大規模の海外ツアーとなる。メンバーが香港国際空港に到着した際には現地のファンや報道陣が多数殺到し、ライブ前日の記者会見にもアジア各国から多くの報道陣が集まった。

会見ではhyde(Vo)がツアー最初の土地に香港を選んだ理由を「前回来たときに温かく迎えてもらえたので、今回は最初に香港に行って、自分たちに自信をつけてからツアーを回ろうと思って」と明かした。また、最新アルバム「BUTTERFLY」が日本をはじめアジア各国でヒットチャート上位に入ったことについて、tetsuya(B)は「4年3か月ぶりにアルバムをリリースして、それを待っててくれたファンがいたのはすごくうれしいですね。幸せなバンドだと思います」と語った。

初日の香港公演には、地元・香港をはじめとしたアジア地域のファン、約1万人が集結。彼らの世界への旅立ちを大いに盛り上げた。この日は2月にリリースされた最新アルバム「BUTTERFLY」の収録曲はもちろん、ファンには馴染みのナンバーから大ヒットチューンまで幅広い楽曲を披露。「MY HEART DRAWS A DREAM」「あなた」などでは、観客からの日本語での合唱も巻き起こった。

また、メンバーは広東語でのMCにも挑戦し、hydeは「こんばんは香港! 会いたかったよ!」「みんなありがとう、愛してるよ!」と話してファンを狂喜させ、ken(G)は「僕は昨日女人街と男人街にもいきました。hydeにお土産買ってきました」とステージ上でhydeにプレゼントを手渡し、オーディエンスを笑わせた。

このツアーは5月の神奈川・日産スタジアムと大阪・ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでの凱旋公演まで、2カ月にわたって行われる。なお、3月26日(日本時間)に行われるニューヨーク Madison Square Garden公演の模様が、日本国内の映画館29館で中継されることも決定した。海外での彼らのステージを、国内からも楽しんでみよう。

音楽ナタリーをフォロー